大紀元時報
トップ 遺体
遺体
ノーベル文学賞受賞のマリオ・バルガス・リョサ氏は中国大使館から公開批判された(Carlos Alvarez/Getty Images)
2020.03.19
中共ウイルスで一層強まる中国のプロパガンダ 「世界団結のきっかけに」=専門家

中共肺炎の流行による否定的なイメージを払拭しようと、中国政府は国内外で政治宣伝を強化している。例えば「中国ウイルス」と発言した個人を公開批判している。

中国とヨーロッパ間の鉄道の重要なハブとして、一帯一路のヨーロッパへの入り口となるデュイスブルク港(GettyImages)
2020.03.18
ドイツ感染者最多のNRW州、一帯一路の欧州入り口 州都は武漢と姉妹都市 

現在、ドイツの中共肺炎の症例数は6200以上に上り、そのうち最も深刻な影響を受けているのは ノルトライン・ベストファーレン(NRW)州だ。感染者数はドイツの合計の...

伊メディアは、中国外務省報道官が偽ニュースを拡散していると指摘した。写真は3月16日、ベルガモのパパ・ジョバンニ23世病院に掲げられたポスター、参考写真(GettyImages)
2020.03.17
中国外務省、偽ニュースを拡散か 「イタリアで中国国歌演奏と感謝」は作り話=伊メディア

中共ウイルスをめぐり、海外ソーシャルサイトにおける中国政府の情報操作が広がっている。イタリアの複数のメディアは、中国外務省報道官による「イタリア人は中国からの医療...

3月16日、湖北省と境界を接する江西省九江市のバス停でバスを待つ人々(GettyImages)
2020.03.16
独SARS専門家「中国側のデータ信頼できない、再流行は起きる」

中国共産党政権は、武漢発の肺炎ウイルス感染例を減少またはゼロになったと主張している。しかし、ドイツの権威ある専門家は、中国側のデータは信頼できず、隔離が解かれ公共...

武漢で新たな4000人分を隔離できる収容施設が設置されている(スクリーンショット)
2020.03.16
武漢市郊外で新たな4000人収容施設との情報 「操業再開」急ぐためか

中国当局は、武漢市の臨時隔離施設の入所者はすでに全員退出したと公表したが、中国ネット上には、市郊外に箱型のプレハブ施設が設置されているとの情報がある。周囲には送電...

武漢ではまた感染が広がっている。2020年3月、武漢市内で撮影(GettyImages)
2020.03.12
武漢で再流行が起きているとの情報 現地市民が訴え

武漢で発生した中共肺炎について、武漢の現地の医師家族が3月9日、市内漢陽のいくつかの集合住宅で再び大規模な感染が発生していると主張している。

3月5日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)感染の検査を受ける武漢市民(GettyImages)
2020.03.06
無断外出した武漢市民、警備員に殴られ死亡 遺族「死因が新型肺炎にされた」

外出禁止令が敷かれている武漢では、自宅を抜け出した男性は団地の警備員から暴行を受け、翌日死亡した。男性の兄でオランダに在住する中国民主運動活動家の陳忠和氏が明かし...

1月25日、台湾の桃園空港で、入港者の体温を検査している空港職員(GettyImages)
2020.03.01
「他郷で死んだらそれは運命」在中台湾人、中国との航空便全面停止求める

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が拡大する中国にとどまっている台湾人ビジネスマンは2月24日、台湾政府宛てのメッセージで、蔡英文総統に対して、中国全土を対...

マレア・デイビスちゃん (Houston Police Dept)
2019.07.08
悲劇を忘れないで!殺された女児のために彫刻家が銅像製作

4歳のマレア・デイビスちゃんは2019年4月、ヒューストンで突如行方不明に。生存の願いもむなしく約1か月後の5月31日、隣の州の道路脇で無残な姿となって発見されま...

約100年前に亡くなったロンバートちゃんの遺体 (ウィキペディア)
2014.06.19
約100年前の遺体腐乱せず 「眠れる森の美女」か

【大紀元日本6月19日】2歳でこの世を去ったイタリア出身のロザリア・ロンバートちゃん。彼女の遺体は防腐処理により、90年以上経った今なお、昔とほとんど変わらない状...

ウィーンのオーストリア国立歴史博物館(Jorge Láscar/Flickr)
2013.07.24
「人体の不思議展」死体は誰か ハーゲンス博士にDNA鑑定要求

死体標本となった人物は誰なのか。ドイツの解剖学者グンター・フォン・ハーゲンス氏の死体保存法を用いて、生々しい肉体内部をさらした死体がポーズを取る展示会「Body ...

2009.07.07
病院で遺体がなくなる、臓器売買疑う遺族

 【大紀元日本7月7日】中国山東省新泰市で、交通事故で亡くなったある男性の遺体が病院から消える事件が起きた。遺族は遺体が臓器売買に使われたと疑い、病院側に説明を要...

ヤンゴン市内の僧院で破壊された個所を示す僧侶(AFP)
2007.10.03
ミャンマー軍政弾圧:僧侶多数処刑、死者数千人か

 【大紀元日本10月3日】ミャンマーの僧侶と市民による抗議活動は、軍事政権により武力弾圧され、情報が急に途絶えた。外交関係者や、海外の民主運動団体および亡命した幹...

開かれた記者会見(大紀元)
2006.09.27
中功創始者事故死:中共当局、遺体引き渡しを画策

 【大紀元日本9月27日】ロサンゼルスで中功創始者・張宏宝氏に関する記者会見が9月20日に開かれ、張氏の家族は当局に監視されているので渡米できず、張氏の葬式手配が...

2005.10.13
中国福建省:突然のダム放水、死者続出

 【大紀元日本10月13日】情報筋によると、台風「龍王」の影響で中国南部の福建省福州市が連日暴風雨に襲われ、武装警察福州指揮学校の某駐屯地にいた数百人の警察が洪水...

^