大紀元時報
トップ 閲微草堂筆記
閲微草堂筆記
清王朝の学者・紀暁嵐はどのようなことを書き記したのでしょうか。(Photo by Anthony Kwan/Getty Images)
2021.03.05
頭上三尺に神あり、他人の利益を損ない報いを受ける

古代の人は、「良い種を蒔けば良い実を結び、悪い種を蒔けば悪い実を結ぶ」という道理を信じていました。世の人々は、悪事をした人たちは、豪邸や名車を持ち、山や海の幸を食...

蓮の花 (Photo credit should read NICOLAS ASFOURI/AFP via Getty Images)
2021.02.26
利己心を去り、福徳を積む

これは清代の学者、紀昀(キ・イン、紀暁嵐)が『閲微草堂筆記』に書いた物語です。

^