THE EPOCH TIMES
トップ 風刺
風刺
落書きのような書き方で喜怒哀楽がうまく表現された暴走漫画。中国ネットでは人気の高いコンテンツだった(暴走漫画)
暴走漫画   「共産党ヒーロー揶揄は違法」中国人気イラスト、全面削除
2018.05.21
北京市内の屋台で5月、それぞれスマートフォンの画面を眺めながら料理を待つ男性たち(NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
中国人による中国分析   いろいろあって泣けてくる…でもくじけない!中国ネット小話第7弾
2017.07.20
2016年7月、大洪水に見舞われた武漢で、自撮りする男性(Wang He/Getty Images)
やるせなさ満載! 笑うに笑えぬ中国ネット小話 第3弾
2017.05.09
重慶の地方の街、河のそばでくつろぐ高齢者たち(Connie Ma)
超シュールな現実 中国ネット小話 第2弾
2017.04.28
共産党による専制政治体制下の中国では、腐敗や汚職が蔓延し、言論や表現は厳しく統制されている。中国のネットユーザは皮肉を込めた「小話」で、裁判や警察でさえ不正がまかり通る堕落した社会で感じた、やるせなさを吐露(李心士)
悲哀こもごも 笑うに笑えぬ中国ネット小話
2017.04.16
2016年4月、杭州のスーパーマーケットで葉野菜を選ぶ消費者(STR/GettyImages)
物価上昇   食費が高くなる中国 ネットでは皮肉る例え話あふれる
2016.04.26
「支払いをよろしく」は、中国の腐敗社会を表した小咄。2008年のベストストーリーに選ばれている。写真は参考写真、中国式レストランホール(wikipedia.org)
ブラックユーモア   現代中国社会を風刺したショートストーリー「支払いをよろしく」
2016.04.21
旧ソビエト体制下の風刺作家・ズィノビエフ氏逝去
2006.05.12
抗議デモで放火された建物(AFP)
風刺漫画事件、デンマークなどの大使館が放火される
2006.02.05
^