大紀元時報
トップ
2020.03.23
古代中国の物語
どんなに小さな嘘でも 神様はお見通し

昔、今の中国湖南省、湖北省辺りに、とても正直な知識人がいた。玉皇大帝は冥界第七殿で人手不足なため、彼に暫く業務を代行するよう任命した。彼はそれから数日置きに冥界へ...

2019.01.23
古代中国の物語
どんなに小さな嘘でも 神様はお見通し

昔、今の中国湖南省、湖北省辺りに、とても正直な知識人がいた。玉皇大帝は冥界第七殿で人手不足なため、彼に暫く業務を代行するよう任命した。彼はそれから数日置きに冥界へ...

くちばしでピアノを弾くニワトリのジョグー(スクリーンショット)
2017.02.16
鳥だってできる
【動画】ピアノを弾くニワトリ 

ニワトリがピアノを弾くなんて、あなたは信じられますか?「ジョグー(Jokgu)」という雌のニワトリが、見事に弾いてみせました。「弾く」と言うよりも、くちばしでキー...

2015.11.17
古代中国の物語
どんなに小さな嘘でも 神様はお見通し

昔、今の中国湖南省、湖北省辺りに、とても正直な知識人がいた。玉皇大帝は冥界第七殿で人手不足なため、彼に暫く業務を代行するよう任命した。彼はそれから数日置きに冥界へ...

2013.01.23
病気になった鶏 KFCやマクドナルドに出荷か=河南省

【大紀元日本1月23日】鶏肉に抗生物質が残留していたなどの問題に巻き込まれた外資系ファストフードにまた新たな品質問題が浮上。河南省の大手食肉加工会社・大用集団が病...

2011.12.22
香港で鳥インフルエンザ 1万7千羽を処分

 【大紀元日本12月22日】香港当局は20日夜、長沙湾にある卸売市場で死亡したニワトリがH5N1型ウイルスに感染していたことを発表した。当局は市場内にある1万7千...

美しい龍や鳳凰の文様が付いた卵(ネット写真)
2010.05.11
吉祥!龍や鳳凰の文様が付いた卵 しかも汗っかき

 【大紀元日本5月11日】中国四川省内江市に住む卿(チン)さんはその朝、不思議な卵を発見した。いつものようにニワトリ小屋で卵を取り出していると、そのなかの一つのカ...

香港は、6月11日に再び3つの市街地から採集した鶏糞サンプルが鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染したことが明らかになった。仁愛街市街地の市場ではもう鶏の影もない(AFP)
2008.06.16
香港:鳥インフルエンザ感染拡大、97年以降最大の危機

 【大紀元日本6月16日】香港政府は6月11日にさらに3つの市街地で抜き取り検査用鶏糞サンプルより、鳥インフルエンザH5N1型ウイルスを検出し、感染範囲は香港全体...

コルカタ北部約240キロのマルグラム村で死んだ鶏を衛生局職員(右)に見せる少年=2008年1月15日(STRDEL/AFP/Getty Images)
2008.01.16
インド北東部で5万羽鶏大量死、鳥インフルエンザ感染の疑い

 【大紀元日本1月16日】インド北東にある西ベンガル州ではこのほど、5万羽以上の鶏が突然死し、鳥インフルエンザ・ウイルス感染が疑われている。正式の検査結果報告はま...

2007.12.15
3度目鳥インフルエンザ感染発生、50万羽家禽処分=ロシア

 【大紀元日本12月15日】ロシア南部ロストフの農場で1週間前に、高病原性H5N1型鳥インフルエンザ感染が発生し、すでに3万5千羽の家禽が死亡した。当局は、感染が...

鶏肉ミンチの野菜寄せ焼き(大紀元)
2007.10.09
【家庭料理】鶏肉ミンチの野菜寄せ焼き

 【大紀元日本10月9日】材料(4人分) 鶏肉ミンチ350g、アスパラ100g、ホールコーン(缶詰)100g、ねぎ1本、卵1個、小麦粉大さじ2、みりん、醤油各大さ...

品質の良さを見せるために卵の黄身を見せて販売する露天商=2006年10月、新疆ウイグル自治区和田で(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2006.11.15
中国養鶏業者、飼料に有毒着色料使用

 【大紀元日本11月15日】中国国内で、アヒルや鶏の卵の卵黄をより赤く見せるため、養鶏業者は飼料の中に合成着色料の「蘇丹紅(スーダンレッド)」を添加していることが...

2006.07.23
中国新疆、鳥インフルエンザ再発、鶏35万羽処分

 【大紀元日本7月23日】中国農業部は21日、新疆ウイグル自治区H5N1型鳥インフルエンザが発生したと発表、鳥インフルエンザの拡大を防ぐため鶏35万羽を処分したと...

2006.01.30
北キプロス、鳥インフルエンザH5N1型ウイルス感染発生

 【大紀元日本1月30日】北キプロスで、鶏が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したことが確認された。欧州連合(EU)は獣医専門家2人を緊急派遣した。 北...

講演するフォン・リーリー博士(大紀元)
2005.12.26
米免疫学専門家:中国、鳥インフルエンザ爆心地の可能性

 【大紀元日本12月26日】日本大紀元時報および希望の声ラジオは12月21日、日本外国記者クラブで講演会「中国、インフルエンザの爆心地の可能性、その実情と対応措置...

鶏小屋を掃除する販売業者=4日、四川省成都で(Getty Images)
2005.11.06
湖南省冷水江市:鶏大量死、人も感染症状が

【大紀元日本11月6日】湖南省冷水江市の養鶏場で10月18日から21日の3日間で鶏の大量死が発生し、別棟の鶏舎からも病死した鶏が続出した。また、他の地域では、飼育...

^