THE EPOCH TIMES
トップ WHO
WHO
ジュネーブで開かれたWHAで、参加を求める台湾代表。写真は2018年5月に撮影されたもの。(FABRICE COFFRINI/AFP/Getty Images)
WHO年次総会開幕 日本など16カ国が台湾参加を支持
2018.05.23
消毒によるジカ熱対策 (YAMIL LAGE/AFP/Getty Images)
ジカ熱の性交渉感染リスク 当初の予測を上回る可能性
2016.02.25
国際研究チーム、中国でH7N9の感染拡大を警告 「予想以上に広がっている」
2015.03.12
馬英九総統、「中国・台湾省」の称呼でWHOに抗議 中国の圧力を強く批判
2011.05.12
北朝鮮は新型インフル感染者ゼロ?
2009.11.07
日中両国の候補者、WHOの事務局長の座を競う
2006.08.08
四川省:ブタ感染症再発生、死亡者31人、香港でも確認
2006.07.31
排気ガスで鼻や口を覆う男性=写真は、2006年6月、北京で撮影(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
疾病の約1/4が環境汚染に由来、中国では年間約40万人死亡=WHOなど
2006.06.27
人-人感染死例も出た鳥インフルエンザ=写真は、2006年3月、アラブ首長国連邦の首都アブダビで鳥インフルエンザ発生時の救急体制の演習訓練(AFP/Getty Images)
WHO:鳥インフルエンザの人-人感染を初確認
2006.06.25
WHO:鳥インフルエンザ、人から人への感染を警告
2006.05.26
「アジア・ウォールストリート」紙:台湾のWHOへの加盟支持を呼びかける
2006.05.26
台湾:WHO年次総会に傍聴席参加、日米欧の動向に注目
2006.05.23
中国湖北省、鳥インフルエンザ、人感染例確認
2006.04.19
卵や鶏肉はしっかりと過熱(Getty Images)
英国:鳥インフル感染予防、タマゴや鶏肉をしっかりと加熱
2006.03.02
仏海外県レユニオン島で奇病発生、77人死亡
2006.03.01
今月1日に死亡した15歳の少年のひつぎに寄り添う遺族ら(AFP)
インドネシア、鳥インフルエンザ感染、新たに2人が死亡
2006.02.06
WHO、鳥インフルエンザ爆発の可能性を示唆
2006.01.22
専門家、鳥インフルエンザ人から人への感染を警告
2005.12.09
インドネシアのジャカルタで、兄弟間で鳥インフルエンザに感染の疑い(AFP/Getty Images)
インドネシア:鳥インフルエンザ、人から人への感染か
2005.12.03
10億米ドルの拡大防止計画を決めた鳥インフルエンザ対策専門家会議(FABRICE COFFRINI/AFP/Getty Images)
鳥インフルエンザ会議、10億米ドルの拡大防止計画
2005.11.11
トロント、原因不明な伝染病、24時間で四人死亡
2005.10.03
中国:大連でも感染症爆発、おびえる市民
2005.08.31
北朝鮮とベトナムで鳥インフルエンザ発見、病毒性の高い新型鳥インフルエンザに変貌する可
2005.04.09
^