大紀元時報
トップ DAFOH
DAFOH
(中国臓器移植の問題に焦点をあてたドキュメンタリー映画『十年調査』スクリーンショット)
2020.06.20
心臓移植希望の中国人実習生が帰国 「中国臓器ビジネス」伝えない日本メディア

愛知県名古屋に技能実習生として来日中に心臓病を患った中国人女性(24)が6月13日、中国のチャーター便で入院先の武漢に渡った。「心臓外科の先進」である武漢の病院で...

国際医師団体「強制臓器摘出に反対する医師の会(DAFOH)」代表のトルステン・トレイ医師がインド・ムンバイで開催された「マザー・テレサ社会正義賞」授賞式に出席した(右から1番目)(Courtesy of Mark Lubric)
2019.11.10
国際医師団が「マザー・テレサ社会正義賞」受賞 中国臓器収奪問題への取り組みで

国際医師団体、「強制臓器摘出に反対する医師の会(DAFOH)」が3日、社会の正義や人類に対し類いまれな貢献をした個人や組織に贈られる「マザー・テレサ社会正義賞(イ...

米ワシントンで中国の違法臓器摘出について語るイーサン・ガットマン氏(Lisa Fan/Epoch Times)
2017.03.02
臓器狩り
臓器の違法摘出を調べるジャーナリスト、2017年ノーベル平和賞候補に

中国国内の法輪功学習者ら「良心の囚人」の臓器が強制摘出されているとの問題を追求し続けているジャーナリストのイーサン・ガットマン氏はこのたび、2017年ノーベル平和...

2013年2月27日、台北のイベントで発言する「臓器の強制摘出に反対する医師団」(DAFOH)の常任理事トルステン・トレイ氏(撮影:Chen Pochou/大紀元)
2016.10.10
人道犯罪
10月1日、人道的な医師会「中国での臓器収奪による犠牲者を弔う日」制定

 医療専門家による非政府団体「臓器の強制摘出に反対する医師団」(DAFOH)は、このたび、10月1日を「臓器の強制摘出に反対する国際記念日」に制定した。初年度とし...

2016年6月13日 、 343号決議案が通過する前に、米下院議会で、中国での臓器収奪について発言するイリアナ・ロス=レーティネン議員(スクリーンショット)
2016.06.15
臓器狩り
米下院、法輪功の臓器摘出を非難する決議案を満場一致で通過

米下院議会で13日、中国当局が国家ぐるみで行っている法輪功学習者に対する強制的な臓器摘出を非難する「343号決議案」が満場一致で通過した。中国共産党による法輪功へ...

2015.07.03
「国連は臓器収奪の中国調査を」医学倫理組織や人権団体が促す

【大紀元日本7月3日】中国で法輪功学習者など受刑者の臓器が臓器移植手術用に収奪されているとの疑惑について、関連医師会や人権団体などが6月24日、ジュネーブの国連事...

公聴会の会場  (大紀元)
2014.10.23
カナダ議会で臓器狩り公聴会 議員ら「証拠は十分だ」

【大紀元日本10月23日】カナダ議会外交委員会直轄の国際人権委員会は現地時間の21日、中国で法輪功学習者を対象とする組織ぐるみの臓器収奪に関する公聴会を開き、2人...

香港クイーン・メアリー病院。左下はデービッド・マタス弁護士(Poon Chai-Shu/大紀元)
2013.12.17
中国臓器狩りの証拠データ 香港クイーン・メアリー病院に極秘保管か

【大紀元日本12月17日】香港のクイーン・メアリー病院は中国の肝臓移植データベースの管理基地であり、そこで保管されているデータは、中国国内で行われている臓器收奪お...

2011.10.13
国際医師会 中国衛生部に「臓器狩り」データ開示を要請 

 【大紀元日本10月13日】世界各国の医師が参加する「臓器の強制摘出に反対する医師会」(Doctors Against Forced Organ Harvesti...

^