大紀元時報
トップ H5N1
H5N1
新型コロナウイルスのコンピューター合成画像(NEXU Science Communication/ロイター)
2020.03.24
中国の科学者、13年にも新型ウイルスを人工合成  過去報道が話題に

世界中で猛威を振るう中共ウイルス(新型コロナウイルス)。その発生源をめぐり、武漢ウイルス研究室からの漏えいかという懸念が払拭できない中、中国の科学者らが数年前に鳥...

暴露された南京での感染例(微博)
2013.04.02
上海の鳥インフルH7N9型 南京でも感染例

暴露された南京での感染例(微博)【大紀元日本4月2日】中国国営新華社通信は1日、上海などで鳥インフルエンザH7N9型で3人の感染例を報じた。これを受けてか、2日、...

2012.05.08
公開が危険とされる鳥インフルの論文を発表=英ネイチャー誌

 【大紀元日本5月8日】「テロ組織による利用」を懸念され発表を先延ばしにされた鳥インフルエンザウイルス(H5N1)の変異株に関する論文は、3日、英ネイチャー誌のオ...

2011.12.22
香港で鳥インフルエンザ 1万7千羽を処分

 【大紀元日本12月22日】香港当局は20日夜、長沙湾にある卸売市場で死亡したニワトリがH5N1型ウイルスに感染していたことを発表した。当局は市場内にある1万7千...

2008.02.19
香港:アオサギから鳥インフルエンザH5N1感染を確認

 【大紀元日本2月19日】香港の落馬洲(ロッマーチャウ)で回収されたアオサギの死骸から、鳥インフルエンザのH5N1病毒試験で陽性反応がでたことを漁護署がこのほど発...

2008.01.06
中国新疆トルファン市で鳥インフルエンザ発生

 【大紀元日本1月6日】新疆ウイグル自治区トルファン市で鳥インフルエンザが発生。死んだのは、鶏4840羽だけであったが、当局は3万羽近くを処分したという。 報道に...

ガザ地区の養鶏場(Mahmud Hams/AFP/Getty Images)
2008.01.04
イスラエルで鶏から鳥インフルエンザウイルスH5N1確認

 【大紀元日本1月4日】イスラエル当局は3日、イスラエル北部のビニャミナの幼稚園で飼っていた鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1が見つかったことを発表し...

2007.07.14
チェコ、2箇所で高病原性鶏インフルエンザ感染発生

 【大紀元日本7月14日】チェコ中部の家禽養殖場で、高病原性H5N1型ウィルスの鶏インフルエンザ感染が2件発生。国家獣医管理局のトゥバン報道官が7月12日に公表し...

香港のバードガーデンで取りを品定めする男性=写真は2007年3月(TENGKU BAHAR/AFP/Getty Images))
2007.06.19
香港:鳥インフルエンザでバードガーデン閉鎖

 【大紀元日本6月19日】香港政府は、旺角(モンコック)の雀鳥公園(バードガーデン)で売られている鳥のフンの中から鳥インフルエンザH5N1を検出、17日から3日間...

(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2007.06.11
香港:野鳥からH5N1型ウイルス、人感染拡大を懸念=専門家

 【大紀元日本6月11日】香港当局はこのほど、カササギから鳥インフルエンザ・H5N1型ウイルスを検出されたことを明らかにした。専門家らは民衆に対して、鳥インフルエ...

(KHALED DESOUKI/AFP/Getty Images)
2007.05.28
中国解放軍士官、鳥インフルエンザに感染=中国衛生部

 【大紀元日本5月28日】中国衛生部は5月26日に、中国人民解放軍のある部隊の士官が高病原性鳥インフルエンザに感染したことが24日に確認されたと発表した。患者は現...

中国では鳥インフルエンザ感染例が多く発症(Getty Images)
2006.11.05
中国鳥インフルエンザ:WHO、中国当局の感染情報隠ぺいを指摘、「予防対策の遅延を招いた」

 【大紀元日本11月5日】世界保健機構(WHO)は11月1日、中国農業部は国内で発見されている新種の鳥インフルエンザウィルスのサンプルを提供していないと指摘、WH...

亡くなった男性の棺を運び出す病院関係者(AFP)
2006.09.29
インドネシア:鳥インフルエンザ、人から人への感染発生か

インドネシア保健省は28日、鳥インフルエンザ感染で四日前に死亡した男性の弟 (20)も同感染で死亡したと発表した。兄弟の妹(15)も鳥インフルエンザ症状で重体のた...

2006.06.09
新彊:高病原性鳥インフルエンザ感染が発生

 【大紀元日本6月9日】中国農業部新聞オフィスのスポークスマンは7日、新彊ウイグル自治区和田県ザーク郷の農場で飼育された家禽が4日に原因不明の死亡が発生し、H5N...

ハンガリー南部で発見された白鳥の死がいを解剖し、検体を取り出すハンガリーの生物研究所の職員、検体は英国の研究所に送られ、H5N1ウイルスが3羽から検出された=16日、ブダペストで(AFP)
2006.02.23
ハンガリー、白鳥からH5N1確認、渡り鳥で急速拡大

 【大紀元日本2月23日】ハンガリー政府は22日、死んだ野鳥からH5N1型高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスを検出したことを発表した。欧州連合(EU)で鳥インフル...

シチリアで死亡していた白鳥を検査するイタリア衛生部職員(AFP)
2006.02.13
イタリア、野生白鳥よりH5N1ウイルスを検出、EU初症例

 【大紀元日本2月13日】イタリア衛生部は11日、野生の白鳥より高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスを検出したことを発表。野生の白鳥より鳥インフルエンザ...

2006.02.09
アフリカ初、ナイジェリアで鳥インフルエンザ感染確認

 【大紀元日本2月9日】国際獣疫事務局(OIE)は8日、アフリカのナイジェリア北部で、家禽が高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型ウイルス)に感染したことが確認され...

2006.02.09
中国山西省、H5N1型ウィルスの鳥インフルエンザが発生

 【大紀元日本2月9日】中国山西省の陽泉市近郊の養鶏場で、今月2日に鶏が突然大量に死亡したことが発見された。中国国家鳥インフルエンザの検査機関が調査した結果、H5...

2006.01.19
中国、鳥インフルエンザに新しい感染者、死者6人目

 【大紀元日本1月19日】中国衛生部は18日夜、四川省簡陽市で女性(35歳)が鳥インフルエンザに感染し、死亡したことを発表した。これで中国国内の鳥インフルエンザ感...

家菌類の大量処分が始まったトルコ(AFP)
2006.01.08
トルコ・鳥インフルエンザ:新たに2人の児童も感染、WHOが専門家を派遣

 【大紀元日本1月8日】世界保健機構(WHO)の発表によると、トルコでは今年に入って、東部のドグベヤジット市で相次ぎ子供への鳥インフルエンザ感染が確認され、すでに...

2005.12.16
江西省、鳥インフルエンザ人感染、中国で第6例目

 【大紀元日本12月16日】中国衛生部は15日、南部の江西省遂川県在住の35歳の男性が鳥インフルエンザに感染したと発表した。これで中国が確認した鳥インフルエンザ人...

2005.12.15
中国:旧正月に鳥インフルエンザが発生、中国当局が警告

 【大紀元日本12月15日】中国農業部は14日、中国の旧正月にあたる2月前後に鳥インフルエンザが発生する恐れがあると警告を出した。 農業部獣医局・賈幼陵局長は14...

ロシュ社のタミフル(AFP)
2005.12.10
ロシュ社、米国15社のタミフル製造に同意

 【大紀元日本12月10日】シュモ米上院議員は9日、スイス・ロシュ製薬会社は生産予定量以外のタミフルの製造について、米15社に依頼する協議がまとまったと発表。AF...

2005.11.16
WHOが中国湖南省に入り、当局はヒトへの感染を初めて承認

 【大紀元日本11月16日】世界保健機関(WHO)が11月14日、鳥インフルエンザ感染の疑いで12歳の女の子が死亡した中国湖南省の長沙に到着し、調査を行う中で、中...

通行車両を消毒する検問所=8日、遼寧省黒山県で(Getty Images)
2005.11.10
遼寧省鳥インフルエンザ感染地更に拡大、中国農業部部長が予防困難と指摘

【大紀元日本11月10日】遼寧省黒山県で発生した鳥インフルエンザは、18の地区に発見された後、更に阜新と錦州市でH5N1ウイルスが発見された。中国農業部の杜青林・...

2005.10.28
北京:鳥インフルエンザ関連の情報や研究を制限

 【大紀元日本10月28日】アジアで60人の死亡を出したH5N1型鳥インフルエンザは、最近再び中国の内モンゴル、安徽省、湖南省などの地域で確認された。しかし、H5...

2005.08.14
専門家:中国西北部の鳥インフルエンザが拡散の懸念

 【大紀元日本8月14日】国際食料農業機関(FAO)は11日、中国農業省から中国チベット自治区で今年鳥インフルエンザが発生したという報告を受けたと公表した。中国農...

2005.08.04
ロシアにも鳥インフルエンザが発生

 【大紀元日本8月4日】ロシアのノボシビルスク州で、鳥インフルエンザが発生していることがこのほど、確認された。今回の感染ウィルスは、中国で鳥インフルエンザに感染し...

2005.07.24
鳥インフルエンザウイルス、WHOの呼びかけに北京は無反応

 【大紀元日本7月24日】新唐人テレビ局の報道によると、南に戻る渡り鳥が鳥インフルエンザウイルスを他国に伝播する可能性があるとして、WHO(世界保健機構)は、北京...

2005.07.14
中国の鳥インフルエンザウイルス、猛毒性があると判明

 【大紀元日本7月14日】本年5月から6月にかけて、中国北西部の青海湖で、大量の渡り鳥が鳥インフルエンザで死亡した、その後、専門家は、死亡した鳥の咽喉や排泄腔の分...

^