大紀元時報
トップ
(Illustration - Shutterstock)
2019.09.06
中国の生鮮食品のリスクを知っていますか?

中国の大気汚染は有名で、濃い煙で太陽光が届くのが妨げられ、太陽エネルギーを利用した発電の効率が悪くなっている都市もあります。大気の汚染とともに水や土壌の汚染も進ん...

(Vitamin/Pixabay)
2019.08.31
「誰も双子だと信じてくれない」白人と黒人の姉妹

ニューヨークポストによるとイギリス在住のルーシーとマリアは1997年に生まれた。そしてその姉妹は友達だろうと間違われながら育った。一人がストレートの茶髪で色白、そ...

(Getty Images  Laura Cavanaugh)
2019.08.29
ニューヨーク・ファッション・ウィークでランウェイを歩くダウン症のモデル 人々の認識を変える

障害のある女性に対する認識がファッション業界で変わりつつあることは、間違いありません。女性の名はマデリン・スチュワート、ダウン症をもつブリスベン出身の22歳のモデ...

YouTube Screenshot / ABC News (Australia)
2019.08.07
92歳の認知症患者を手荒に扱う看護師  裁判所は「虐待」と認めず

「母は明らかに苦しみ、手を上に上げて自分の身を守ろうとしていました。」 エド・ロビンスは、苦しい胸の内を告げました。オーストラリアのパースにあるモリソンロッジ介護...

(Illustration - Shutterstock)
2019.07.28
4つ子を妊娠している母親は胎児の一人が子宮で死にかけていることを知り、厳しい選択をする

イヴァンナ・カルデナス-グティレズと夫デイビット・グティレズはイヴァンナが妊娠していると知ったときからこの驚くべき物語は始まります。医師が超音波検査を行ったところ...

(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
2019.07.28
三国志 ビジネス考
類まれな調整能力を学ぶ|呉の裏方を支えた魯粛

魯粛は周瑜に仕え、赤壁の戦いでは劉備と同盟し、曹操と対抗することを提案し、曹操軍を退けたことはご存知だと思います。 そんな魯粛からビジネスに役立つ、調整能力を学...

大阪G20に参加する首脳たちに対して、宗教的観点から社会問題を議論し提言する「G20諸宗教フォーラム」が6月11日と12日に開かれた。写真は6月28日、G20大阪サミットにおける各国首脳の集合写真(Kim Kyung-Hoon - Pool/Getty Images)
2019.07.20
インタビュー
「ホスト国として取り上げるべき問題」京都でG20諸宗教フォーラム、中国の臓器収奪問題が議題に

大阪G20サミット開催前、京都で宗教の観点から現代社会の問題を話し合う、G20諸宗教フォーラムが開かれた。180人あまりの宗教指導者らが出席した。共産党体制下の中...

(Photo by Drew Angerer/Getty Images)
2019.04.27
ニューヨーク 手頃に遊べる 13カ所

ニューヨーク旅行と聞くと高額いというイメージがあるかもしれないが、実際はそうでもない。無料で見学できるスポットもたくさんある。がんばって発掘すれば、穴場を発見でき...

GettyImages
2019.02.08
【子どもの教育に役立つ物語】改心のチャンスを与えよう

古代中国では身を修めることが重んじられ、子どもへの教育は、人格を磨き、訓練することが重要視されていた。それに関連する逸話や物語はたくさん伝えられており、現代人にと...

GettyImages
2019.02.07
【子どもの教育に役立つ物語】言葉による傷は永遠に治らない

子供のいじめ、自殺、暴力・・・昨今、心の痛むニュースが後を絶たない。生まれてきた時は、誰もが純粋で善良だったはずなのに、何が子供たちを悪へと走らせるのか。人生には...

(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
2018.11.20
バナナを長持ちさせる方法

バナナは栄養が豊富でおいしい果物ですが、置いておくとすぐ熟してしまいます。ではバナナを長持ちさせるにはどうすればよいでしょうか。

2018.11.01
台湾・歴史文化にふれる旅@三義木彫編

「三義木彫り博物館」は、台湾で唯一の木彫りをテーマにした公立の博物館です。館内では精巧な木彫り芸術品を中心に、各国の土着の民族木彫り作品と台湾の木彫り芸術品が展示...

( LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン株式会社 )
2017.11.02
2017年11月1日(水)~11月30日(木) 場所:三越銀座店 1階 ショーメ ブティック 
ショーメ 三越銀座店 ポップアップストア  第2回 11月のテーマは「ジャルダン・ドゥ・ショーメ ー ショーメの庭園 ー」

ポップアップストア 開催期間:2017年10月4日(水)~2018年3月(予定) 只今ショーメでは、三越銀座店 1階にてポップアップストアを開催しております。

新しいブランドロゴ
2017.10.12
【カミーユ・フォルネ】ロゴの刷新とともに、ブランドがリニューアル。

2017年10月下旬、フランスの皮革製品メゾン<カミーユ・フォルネ>がリニューアルします。歴史に培われた伝統的な技術と、素材へのこだわりはそのままに、モダンでコン...

南宋臨安の城門。左下に象を連れた人々が見える。(インターネットより)
2017.05.06
古人の知恵から学ぶ
南宋王朝の繁栄と助け合いの精神

繁栄を極めた中国歴代王朝。その中でも、南宋の庶民の暮らしの中に文化の真髄が反映されていました。当時、周辺諸国の憧れの的だった南宋には使節団がひっきりなしに訪れ、中...

フロリダ州で英語を学ぶ新しい移民(Joe Raedle/Getty Images)
2017.02.26
気になる移民問題を早わかり データで見るアメリカの現状

アメリカ国土安全保障省は2月21日、トランプ大統領の2つの大統領令の執行細則を発表し、アメリカ・メキシコ国境地帯で違法入国の取り締まりを強化した。これを受けて、シ...

伝統的価値観に立ち返り、道徳と良心を守ることこそが、この大変革の中にある希望へと導く一筋の光となる(Neil Piddock/flickr)
2017.01.14
新年特別文
【社説】2017年は大変革のとき 米国、欧州、中国も伝統回帰へ(1)

2017年の世界情勢は、引き続き激震の時となり、さらなる大変革が起きると予想される。伝統的価値観に立ち返り道徳と良心を守ることこそが、人類にとってこの大変革の中に...

あるインド人エンジニアによるエッセイ『読書を忘れた中国人を憂慮する』が中国のネット上で話題になっている。(Fotolia)
2016.06.04
現代中国の「知の衰退」
「読書しない中国人」年平均で0.7冊 あるインド人の憂慮

あるインド人エンジニアによるエッセイ『読書を忘れた中国人を憂慮する』が中国のネット上で話題になっている。このエンジニアは、読書しない中国社会に、いずれその代償を支...

2016.01.22
諸葛孔明 唐代に転生し偉業を成す

三国志で有名な諸葛孔明は死後、唐代に転生し、歴史に残る偉業を成し遂げたという伝説がある。

2016.01.21
【私の一枚】 スロースリップ(ゆっくりすべり)

世界中の天候が目まぐるしく変化していますが、北米の天気図もすごいことになっているのがわかります。この頃のバンクーバーもマイナス気温で雑草が凍ってきれいだったり、暖...

ロッキー山脈自然公園群
2016.01.19
カナダの空気 中国で売れ行き好調

 二人のカナダ人男性が共同で新会社を創立し、ロッキー山脈の新鮮な空気を包装して中国等の大気汚染が酷い国に販売している。150回から200回程度吸入できる空気パック...

中国証監会の肖鋼主席はこのほど、市場の異常な混乱の原因の一つは「未成熟な投資家」と挙げた (WANG ZHAO/AFP/Getty Images)
2016.01.18
証監会トップ、市場混乱原因の一つ「未成熟な投資家」

中国証券監督管理委員会トップの肖鋼主席は16日に開催された内部会議において、昨年6月から続く株式市場における「異常な混乱」の主因は「未成熟な株式市場と投資家、取引...

台湾総統選で圧勝した最大野党民進党の蔡英文党首 (大紀元)
2016.01.18
台湾新総統の蔡英文氏、日台FTAに意欲示す

16日の台湾総統選で圧勝し、総統に当選した民進党の党首、蔡英文主席(59)は翌17日、党本部で日本の対台湾窓口機関である交流協会の大橋光夫会長らと会談した。蔡氏は...

「ウィズドム」(右)2015年11月にミッドウェー島で産卵したことが確認された(U.S. Fish and Wildlife Service)
2016.01.18
65歳の超高齢野鳥 昨年も産卵

ウィズドム(知恵の意)という愛称を持つコアホウドリ(小阿呆鳥、小信天翁)が、今年推定65歳になった。野鳥類の平均寿命は40歳、ウィズドムは超高齢になったと言える。...

本土からの接種者で、香港内でワクチンが在庫不足になる。参考写真(NIAID/Flickr)
2016.01.18
香港「ワクチン不足」 中国本土からの接種者多数で

本土から香港へ、多くの中国人が予防接種を受けに来ている。そのため香港ではワクチンが在庫不足になるという事態が発生している。

中国当局による人民元為替市場への介入と操作で金融市場がますます混乱すると業界関係者は指摘する (大紀元)
2016.01.15
香港Hibor急騰受け、市場関係者「人民銀の介入でより混乱へ」

2016年最初の2週間で中国株式市場と同様、中国当局の介入で人民元為替市場が大きな波乱に見舞われた。1月4日~8日の間、中国人民銀行(中央銀行)は人民元の対ドル為...

下げが止まらない中国株価(ChinaFotoPress/Getty Images)
2016.01.14
政府不信で上海総合続落、前日比2.56%安で取引開始

13日に3000ポイントの大台を割り込んだ中国株式市場主要株価指数の上海総合は14日現地時間9時半、前日比2.56%安の2874.05ポイントで取引を開始した。深...

中国中央銀行の最新発表では、同国外貨準備高が急激に減少 (大紀元)
2016.01.14
中国外貨準備高激減 資産流出いっそう加速

中国の中央銀行、中国人民銀行の今月7日の発表によると、昨年12月末時点での中国の外貨準備高が前月末時点から1079億米ドル(約12兆7300億円)激減し、3兆33...

江沢民派の取り巻きとされている李東生被告 (大紀元)
2016.01.14
中国公安部元次官 懲役15年

12日、中国公安部の元次官で汚職の罪に問われていた李東生被告(60)が懲役15年の判決を受けた。

顕微鏡で見たH1N1型インフルエンザウイルス (AFP)
2014.07.04
日本人科学者がH1N1型インフルエンザウイルスの変異株を複製 「テロ悪用」と懸念の声も 

【大紀元日本7月4日】米ウィスコンシン大学のウイルス学者、東京大学医科学研究所の元教授河岡義裕氏は、H1N1型インフルエンザウイルスを操作し、ヒトの免疫システムを...

^