香港、ストで交通まひ 行政長官「デモは中国の主権への挑戦」

2019年08月06日 08時02分

[香港 5日 ロイター] - 香港政府トップを務める林鄭月娥行政長官は5日、会見を開き、香港で行われている抗議デモについて、香港を「極めて危険な状況」の瀬戸際に追い込んでいると改めて指摘し、中国の主権への挑戦であるとの認識を示した。

5日はゼネストも行われ、交通機関がまひ。空港では200便以上が欠航となっている。

香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動は、全く収まる気配がみえない。4日は一部デモ隊を警察が強制排除する事態が発生し、香港政府はこうした行動が香港を「極めて危険な瀬戸際」に追い込んでいると強く非難する声明を発表した。また中国国営新華社は、同国政府も事態を放置しない考えだと伝えた。[nL4N2500L4]

林鄭長官はデモ隊からの退陣要求を再び拒否し、政府は法と秩序を維持する決意だと表明。デモ隊が香港を引き返せない道へと追いやり、香港経済に打撃を与えていると批判した。

5日朝のラッシュの時間帯には多くの鉄道やバスの運行が停止され、通勤客に影響が出た。デモ隊の一部には、列車が駅から発車するのを妨害する者もいた。

ビジネス街に向かう道路では幅広い渋滞が起き、空港では数百万人が足止めされる事態となっている。

4日夜には覆面をした数百人が主要道路を占拠したほか、信号機にスプレーを噴射し、香港島と九龍半島をつなぐ海底トンネルの入口付近の通行を妨害。繁華街のコーズウェイベイ(銅鑼湾)では、警官隊が催涙ガスを使って強制排除に乗り出し、周辺の店舗やショッピングモールなどが閉店時間を早めざるを得なくなった。

警察は4日のデモで44人を拘束した。

※内容を追加しまし

^