米国防長官、北朝鮮のミサイル発射に「過剰反応せず」

2019年08月06日 20時03分

[東京 6日 ロイター] - エスパー米国防長官は6日、ここ数週間の北朝鮮による複数回のミサイル発射に米国は過剰反応はせず、北朝鮮との対話の扉は開いておく方針だと述べた。

韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮が南西部の黄海南道付近から海に向けて2発の飛翔体を発射したと明らかにした。北朝鮮による飛翔体の発射は7月25日以降4度目。北朝鮮は、米韓合同軍事演習は外交上の合意に違反していると非難している。[nL4N2514Y6]

エスパー長官は、日本訪問に随行している記者団に「カギは外交の扉を開けておくことだ。われわれはこれら(ミサイル発射)に過剰に反応するつもりはないが、それらをモニターし注意深く観察し、何が起きているか把握している」と述べた。

その上で、6日に発射されたミサイルは短距離弾道ミサイルだとし、訪問する日本、韓国の防衛関係閣僚と北朝鮮問題について話し合うと述べた。

コンピューターのシミュレーションを主体とする米韓合同軍事演習については、現在実施中だと述べ、現時点で将来の合同軍事演習を変更する計画はない、と説明した。

^