ブルームバーグ氏、テキサス州民主党予備選に出馬手続き

2019年11月21日 15時27分

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 2020年米大統領選挙への出馬を検討するマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)が20日、テキサス州の民主党予備選への候補者名簿に登録したことが分かった。

ブルームバーグ氏は大統領選への正式な出馬表明はしていないが、これまでに出馬を検討していることを認めている。

民主党の候補者らは、指名獲得レースの皮切りとなる来年2月の党員集会・予備選がそれぞれ行われるアイオワ、ニューハンプシャー両州を中心に、これまで数カ月にわたり有権者に自身の政策をアピールしてきた。

ブルームバーグ氏はこれらの州は迂回し、15州・米領で党員集会・予備選が行われる候補者指名争いのヤマ場である3月3日の「スーパーチューズデー」に間に合うように選挙キャンペーンを開始するとみられる。

同氏はすでにアラバマ、アーカンソー両州の候補者名簿に登録しており、テキサス州オースティンの選挙管理当局への提出書類によると、同州が3番目の登録となる。

中国の北京で21日行われた米ブルームバーグ主催のフォーラムで、ヘンリー・ポールソン元米財務長官は「私の良き友人であるマイケル・ブルームバーグ氏は、ヘンリー・キッシンジャー氏と私にきょう、ここで彼の代わりを務めるよう依頼した。周知の通り、国のために尽くすことを決めたからだ」と述べ、同氏の出馬を示唆した。

ロイターは先週、ブルームバーグ氏が同フォーラムに当初出席する予定だったと報じていた。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^