ベゾス氏のハッキング問題、米ホワイトハウスは深刻に受け止め

2020年01月24日 10時51分

[ワシントン 23日 ロイター] - 米ホワイトハウスは23日、サウジアラビアがアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>創業者ジェフ・ベゾス氏の携帯電話ハッキングに関与した可能性があるとの報道を深刻に受け止めていると発表した。

これまでに、ベゾス氏の電話が2018年にサウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子のワッツアップの個人アカウントから送信されたメッセージを受け取った後にハッキングされたと報じられている。

ホワイトハウスのギドリー報道官は記者団に対し、ベゾス氏ハッキングに関するさらなる情報はないと述べた。

^