新型コロナウイルス、台湾で初の域内感染 中国帰りの妻から

2020年01月29日 08時49分

[台北 28日 ロイター] - 台湾の中央感染症指揮センター(CECC)は28日、新型コロナウイルスの域内感染を確認したと発表した。新たな感染者は台湾中部出身の50歳代の男性で、中国での仕事から戻った妻が診断を受ける前に感染したという。台湾での域内感染例は初めて。

CECCの発表によると台湾での感染者は8人目。これまでの7人はいずれも中国で感染していた。男性の状態は安定しているという。

CECCはまた、不要不急の渡航自粛を求める対象地域を湖北省から香港とマカオを除く中国全域に拡大すると発表した。

^