新型肺炎、インフル治療薬と抗HIV薬の混合投与が有効か=タイ医師

2020年02月03日 12時05分

[バンコク 2日 ロイター] - タイの首都バンコクのラーチャウィティ病院の医師らは2日、新型コロナウイルスに感染した重症患者に対するインフルエンザ治療薬と抗エイズウイルス(HIV)薬の混合投与で症状の改善が見られると発表した。

医師らは投与したのは、抗HIV薬の「ロピナビル」と「リトナビル」の配合剤とインフルエンザ治療薬「オセルタミビル」。

これらを患者に投与した後の48時間で、複数の患者に症状の改善が見られたという。症状が改善した患者には中国・武漢出身の70歳の女性も含まれる。

同病院の医師は会見で「これは新型コロナウイルスの治療薬ではないが、患者の状態はかなり改善した。われわれの管理下で10日間にわたって(新型コロナウイルスの)陽性反応が出ていた患者が混合薬の投与後、48時間以内に陰性となった」と説明。「見通しは明るいが、(混合投与が)標準的治療法になり得ると結論付けるにはさらなる検証が必要だ」と述べた。

中国保健当局はすでに抗HIV薬とインフルエンザ治療薬を新型コロナウイルス患者の治療に採用している。

^