大紀元時報
トップ ライフ・ストーリー
ライフ・ストーリー
チャック・フィニーさん(Chuck Feeney)
2020.04.14
貧乏生活を選んだ億万長者

80歳になったチャック・フィニー(Chuck Feeney)さんは奥さんと米国サンフランシスコにある狭い賃貸住宅に住んでいる。 

(Pixabay)
2020.04.14
他人の財を収め 処理せず 悪報に遭う

合肥に、許という人物がいた。彼は名門の望族出身で、一番上の兄は省の教育行政長官だった。 ある日、保等(科挙に推薦され、登用を待っている)の友人が二百両の金を調達し...

(mehul.antani/Flickr)
2020.04.14
肩の荷は降ろさない

なぜ、神は人間に苦難をお与えになったのか。そのご意思を理解することはできないが、苦難にも意味があるのだと先日、ある物語が教えてくれた。 

(Minghui)
2020.04.13
『重度に落ち着きがない』子供たち 簡単なエクササイズで変化

子供にとって、健全な教育と道徳的な指針は必要不可欠である。環境は、子供の発育に大きな役割を果たしている。家庭内や学校などどこにいても、子供は周囲の出来事や出会う人...

(L) Statue of George Washington (Shutterstock); (R) Portrait of Mary Ball (Public domain)
2020.04.12
メアリーの存在
アメリカ初代大統領ワシントンの教育に全てを捧げた母

アメリカの初代大統領といえば、ジョージ・ワシントンであることは誰もがご存知ではないだろうか?しかし、ジョージを初代大統領就任にまで上り詰めさせた母メアリー・ボール...

Karen Warfel/Pixabay
2020.04.12
頭部が繋がった双子、27時間の大手術に挑む

アニアス君とジェイドン君は一般的な双子兄弟。しかし2人は頭蓋結合体といって、生まれた時から頭部が繋がったままだという。さらに2人は生まれてから一度もお互いの顔を見...

Bessi/Pixabay
2020.04.12
いじめを乗り越え「美」の象徴へ 「母斑」を受け入れ立ち上がった少女

「母斑(ぼはん)」とは何かご存知ですか?先天的要因による皮膚組織の奇形のことで、生まれつき体に付いているあざのことです。ドイツ・ブレーメンに住むマリカ・ナジは、体...

(Steve Mellon/Pittsburgh Post-Gazette via AP)
2020.04.12
ピッツバーグで本当に起きた奇跡の再会
12年間行方不明だった愛犬、飼い主と感動の再会

アメリカのテリア犬種の一つであるトイ・フォックス・テリアの「ダッチェス」は2007年から行方が分からないままになっていた。しかし今月11日に入って、ペンシルバニア...

Free-Photos/Pixabay
2020.04.12
父親に殺されかけた女の子、脳を半分失った後の辛い日々

2012年、当時8ヶ月だったシャイアンちゃんが、実の父親に殺されかけるという事件が発生する。その際、脳を半分失うという大きな傷を負うこととなった。そんな彼女は今、...

Illustration - Shutterstock
2020.04.12
車のトランクに閉じ込められたときの対処法 あなたの命を救う簡単な方法

閉所恐怖症の人にとって、車のトランクに閉じ込められることはこの上ない悪夢だろう。無数の映画で取り上げられているこのシナリオは、ハリウッドの世界の話ではない。現実に...

(Illustration - Shutterstock)
2020.04.11
傷ついた孫に祖母の教訓 にんじんと卵とコーヒー

名言は大切な教えを印象づけてくれます。読者は本から恩恵を得ることができます。今日はささやかなお話をひとつ楽しんでくれることを期待しています。

(L: YouTube Screenshot | ArnoldPalmerHospital, R: Illustration - Shutterstock)
2020.04.11
娘とバージンロードを歩くことを断った父親の感動的な理由とは

女の子が産まれると、いつか娘とバージンロードを歩くことは全ての父親の夢。あるクリスマスの前日、マーク・ウィリアムズのその夢は予期せぬ危険に晒されることになりました...

Scott Olson/Getty Images
2020.04.11
トマトケチャップを盗んだ「最悪の人」 新品添えて手紙で謝罪

「誤りを知って、それを改めることほど素晴らしいことはない」と言います。 アメリカニュージャージー州のとあるレストランは、最近奇妙な体験をしました。ある白人が、レ...

David McNew/Getty Images
2020.04.11
マリファナと精神病の繋がり 息子を失った母から

シェーン・ロビンソンはとてもチャーミングで活気があり、熱意のある青年でした。ある時、ボート遊びをしている最中に怪我をしてしまったので鎮痛剤を飲みました。しかし、効...

Shutterstock
2020.04.11
女性のために立ち上がった10代の若者、彼女の行動に涙!

もしあなたが、公共の場で誰かが言葉の暴力を振るわれているのを目撃した時、ただ通り過ぎますか。それとも、止めに入りますか。人気のテレビ番組「あなたならどうする?」が...

Shutterstock / Kzenon
2020.04.09
ちょうどいいタイミングで現れた警官 助けを求めた女性

アメリカのノースカロライナで警官をしているプットナムさんは、勤務中書類を届けるためにある家に立ち寄りました。2019年1月のことでした。プットナムさんは、その家に...

(L: Photo courtesy of Melissa Hopfner Photography, R: Photo courtesy of Vanessa McLeod)
2020.04.09
胎児に腕がないことが判明し、医師から中絶をすすめられた母親

バンクーバー出身のバネッサさんは、第二子を身ごもっていました。お腹の中にいる赤ちゃんにアイビーと名付けかわいがっていました。しかし、いつもの定期健診の後、なぜか助...

(Shutterstock)
2020.04.09
心優しい看護師さん!変装して小児がんの子と戦争ごっこ

4歳のドリュー君は2018年のクリスマスイブに珍しい脳のガンである髄芽腫だと診断されました。それまでドリュー君はずっと頭痛や嘔吐を繰り返していましたが、両親はただ...

(Illustration - Shutterstock)
2020.04.09
ダウン症の双子の赤ちゃんがSNSで世界中を勇気づける

ジュリー・マコーネルさんと夫のダンさんは、双子の男の子ミロとチャーリーの写真をソーシャルメディアで共有している。日常の何気ない様子が収められているだけなのだが、そ...

子どもたちと一緒ににるロジニ・アガーワさん(Manisha MandirのHPより)
2020.04.08
愛娘を失った後、800人以上の女児を育てた女性

約40年前に、インドのサロジニ・アガーワさんはバイク事故で同乗した8歳の娘を亡くしました。一時は愛娘を失った悲しみから抜け出せず、自分を責めてばかりいましたが、あ...

(Photo by Chaloner Woods/Getty Images)
2020.04.08
倒れた父を見て 7歳の子どもがとった行動とは!?

突然自宅で気を失って倒れたお父さんを見て、7歳の男の子は勇敢さを示した。米国サウスカロライナ州に住む彼は、大いに称賛を受ける子供ヒローになり、このことをきっかけに...

(Pixabay.com)
2020.04.07
いじめっ子の娘にユニークな方法で教訓を与えた母親の物語

ユタ州在住のアリー・オルセンという女性は、自分のフィアンセの子供であるカイリーという4年生の女の子が、別の女の子をいじめているという連絡を学校側から受けました。調...

(Shutterstock)
2020.04.06
愛の遺産:われわれが残す思い出

「死はだれも癒すことのできない心痛を残す。愛はだれも盗むことのできない思い出を残す」ーアイルランドの古い墓跡よりわれわれは死を迎えるとき、愛する人たちにありふれた...

(Illustration - Shutterstock)
2020.04.06
テレビ番組が提供した1万ドル相当の歯科治療で大変身!

この女性は、ボーイフレンドの元交際相手からずっと受けている嫌がらせを止めて欲しいと2015年にイギリスのテレビ番組『ジェレミー・カイル・ショー』に出演。その意志と...

(Illustration - Shutterstock)
2020.04.06
「人生で一番大切なことは何?」 医師の問いに答える末期症状の子どもたち その珠玉の答えとは

私たちは日常生活の中で、大切なことをつい忘れてしまいがちですよね。iPhoneの最新型をどうやって手に入れるか、素敵な服を買うためのお金をどうやって工面するかに悩...

hurricanehank
2020.04.05
異人種カップルを罵倒
「失礼」 ヘアスタイリスト  ある客の一言で涙

想像してみて欲しい。黒人と白人のカップルがニューヨークのハーレム街にある理容店に入ってくるところを。はじめは誰も特に気に留めなかったが、白人の彼女が黒人彼氏にむか...

Getty Images , David Ramos
2020.04.05
2015年ネパール大地震 瓦礫から22時間後に救出された赤ちゃんを覚えていますか?

2015年に地震がネパールを襲った後、1人の赤ちゃんが自宅の瓦礫の下に埋められました。 名前をソニッシュといいます。彼の物語は荒廃と悲劇の中での希望の1つでした。...

YouTube Screenshot , CBS New York
2020.04.05
信じられない客の正体と驚きの請求書!

ニューヨークのアッパー・ウエスト・サイド地区で、あるバーテンダーが客の少ない夜に働いていた時のこと、2人の男が店に入って来てしばらく談笑していた。1人がバーテンダ...

(Credit: Facebook / Jen Ampler)
2020.04.04
フィリピンの介護
98歳のおばあちゃんへ 孫の女性が送った言葉

家族の絆がとても強く、親孝行の人が多いと言われるフィリピン。祖母の面倒を見る女性のメッセージがフェイスブックで話題になっています。

(NTD Inspired)
2020.04.04
ミラクル
生まれ変わり? 事故で子供を亡くした夫婦に三つ子が誕生

幼くして命を落とした兄妹が、また両親のもとに戻ってきたのでしょうか。カイルくん(5)、エマちゃん(4)、ケイティーちゃん(2)が亡くなったのは、2007年5月。母...

^