大紀元時報
トップ 紀元曙光
紀元曙光
2020.07.02
【紀元曙光】2020年7月2日

今日という日を、生きていかねばならない。

2020.06.30
【紀元曙光】2020年7月1日

信仰とは、直接的に宗教だけを指すとは限らない。天や自然に対して、人間が本来もつべき畏敬の念と謙虚な態度のことである。

2020.06.30
【紀元曙光】2020年6月30日

司馬遼太郎さんが『街道をゆく 韓のくに紀行』に、面白いことを書いている。東アジアで普遍的に見られる「汚職」についてである。

2020.06.30
【紀元曙光】2020年6月29日

記号化された非文字によって、農民はエライと教えた。知識人や教師には「臭老九」という最大級の侮蔑を加えた。

2020.06.30
【紀元曙光】2020年6月28日

中国人にしてみれば、自国の誇りでもある「唐」の概念を、イカの干物のように押し広げてしまう日本語の感覚は、嬉しくはないだろう。

2020.06.30
【紀元曙光】2020年6月27日

日本人は、総じて言葉に「唐」を使うのが好きなのだろう。嫌いなら、使うはずもない。

2020.06.30
【紀元曙光】2020年6月26日

夏の味覚にも多々あるが、いいトウモロコシが安価で店先に並ぶと、やはり嬉しい。

2020.06.26
【紀元曙光】2020年6月25日

第二次世界大戦は終わったが、戦争はなくならなかった。

2020.06.24
【紀元曙光】2020年6月24日

「今でしょ!」という言葉を、ずいぶん昔に聞いた覚えがある。

2020.06.23
【紀元曙光】2020年6月23日

(前稿に続く)先述した2017年11月のトランプ大統領訪中時に、習近平主席は、懇談のなかで「龍的伝人」と自称した。

2020.06.23
【紀元曙光】2020年6月22日

(前稿に続く)つまり、五千年近く続いてきた中華文明あるいは伝統文化は、1949年の中共政権によって断絶したのである。

2020.06.23
【紀元曙光】2020年6月21日

(前稿に続く)そうしたものを、「伝統」などと、ことさら言う必要もない。

2020.06.23
【紀元曙光】2020年6月20日

日本には、「ぬか漬け」という見事な一品がある。

2020.06.19
【紀元曙光】2020年6月19日

7月5日は東京都知事選。立候補者の顔が掲示板に並んでいる。

2020.06.17
【紀元曙光】2020年6月18日

食料がなくなる。経済が破綻する。失業者があふれる。

2020.06.17
【紀元曙光】2020年6月17日

(前稿に続く)北アメリカを目指し、飢餓と貧困のアイルランド人を満載した船は、病気が蔓延した「棺桶船」と呼ばれた。

2020.06.16
【紀元曙光】2020年6月16日

(前稿の続き)ここで生きていく。その一念が、アイルランド系の人々は、他のどの民族より強烈なのではないか。

2020.06.16
【紀元曙光】2020年6月15日

(前稿の続き)司馬さんの著述を「夜道の提灯」にして、もうしばらく筆を進める。

2020.06.16
【紀元曙光】2020年6月14日

ジョージア州アトランタ。その地名がニュースから聞こえて、手元が止まった。

2020.06.12
【紀元曙光】2020年6月13日

1939年といえば、日本の昭和14年にあたる。

2020.06.12
【紀元曙光】2020年6月12日

永禄3年5月19日。西暦では1560年6月12日にあたる。460年前の今日、桶狭間の戦いが行われた。

2020.06.11
【紀元曙光】2020年6月11日

できることを、やっていく。それで前へ進むしかない。

2020.06.10
【紀元曙光】2020年6月10日

日常、について考えている。「新しい日常」のほうではない。

2020.06.09
【紀元曙光】2020年6月9日

台湾の韓国瑜(かんこくゆ)高雄市長に対し、6月6日、解職請求(リコール)投票が行われた。

2020.06.08
【紀元曙光】2020年6月8日

「これ、本当の数字じゃねえんじゃねえの」。中国政府の示す「死亡者数」に、ポロリと言うところが、麻生さんらしくて、いい。

2020.06.07
【紀元曙光】2020年6月7日

米ミネソタ州ミネアポリスで5月25日、白人警官が、黒人男性の首を地面に押さえつけ、死亡させた事件。

2020.06.06
【紀元曙光】2020年6月6日

宇宙には、善神ばかりでなく、邪神もいる。

2020.06.05
【紀元曙光】2020年6月5日

あれから31年が過ぎた。と、前日と同じ書き出しをお許し願いたい。

2020.06.04
【紀元曙光】2020年6月4日

1989年6月4日。あれから31年が過ぎた。

2020.06.03
【紀元曙光】2020年6月3日

前日の小欄に続き、脱党(中国語は退党)について書く。

^