大紀元時報
トップ 中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)
中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)
武漢の病院内部を撮影した投稿者は逮捕されたが、まもなく釈放された。写真は1月31日、武漢の病院に務める医師。参考写真(GettyImages)
2020/02/02
遺体が相次ぎ運ばれる 武漢病院内部を撮影 投稿者は拘束

2月1日、中国のインターネットで、湖北省武漢市の第五病院を撮影した民主運動活動家の男性が逮捕された。国内外で動画が出回り注目を集めたためか、男性は数時間後に釈放さ...

ホワイトハウス国家貿易委員会ピーター・ナバロ委員長(GettyImages)
2020/01/31
<新型肺炎>世界経済へ影響 政策リーダーら懸念表明 米国は関税継続

中国の新型コロナウイルスは急速に拡散し続けている。金融政策立案者は、世界的な流行が世界経済に脅威を与える可能性があると、懸念を表明し始めている。

安倍首相は30日、新型コロナウイルスの感染例が増加していることを受けて、台湾のWHO加盟を支持した(GettyImages)
2020/01/30
安倍首相、台湾のWHO会議参加の必要性を強調

安倍晋三首相は1月30日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染者の拡大を受けて、台湾の世界保健機関(WTO)が開催する会議に加わる必要性があることを強調した...

武漢海鮮市場から20キロの位置にある、高リスク病原体を取り扱うレベル4研究所から、漏れ出た可能性があるという。写真は1月29日、新型コロナウイルスの解析を行うフランスの研究施設、参考写真(GettyImages)
2020/01/29
新型コロナウイルス、初期患者の3割は「海鮮市場に行っていない」 医学誌が指摘

このほど中国で蔓延している新型コロナウイルスは、野生動物を取引していた海鮮市場を感染源と報道されている。しかし、一部の専門家は、市場から20キロメートルしか離れて...

南方航空の展示。広東省で2014年に開かれたエアショーで撮影。参考写真(JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
2020/01/29
中部国際空港、中国人乗客が武漢乗客との同乗拒否 騒ぎに

名古屋中部国際空港で27日、一部の中国人乗客は武漢出身の乗客との同乗を拒否したため、中国南方航空上海行きのCZ380便が5時間遅延した。

写真は2020年1月26日北京市天安門の前で撮影(Betsy Joles/Getty Images)
2020/01/28
<新型肺炎>武漢市民、高まる不満「地球にこんな政府があるのか」「共産党、下野しなさい」

「今回の新型肺炎を通して、中国共産党を見極めることができた。本当に極悪非道な連中だ。党幹部も皆役立たずで、危機への対応が全くできていないし、国民の命を軽視している...

2020年1月26日、台湾桃園国際空港で入域者の体温を確認する職員。参考写真(Tzuhsun Hsu/flickr)
2020/01/28
<新型肺炎>国際民間航空機関、台湾に情報を提供せず 批判者のツイッターをブロック

中国で新型コロナウイルスが流行するなか、国連組織である国際民間航空機関(ICAO)は、台湾に疾患の最新情報を提供することを拒否した。

日本政府は、新型コロナウイルスを「指定感染症」に指定する。医療費助成制度は外国人にも適用されるが、助成金に上限がある。写真は、紫禁城を背景に写真を撮る若い女性、1月26日撮影(GettyImages)
2020/01/27
新型肺炎「指定感染症」に 医療費助成は外国人にも適用 負担額に上限

中国湖北省武漢市から広がった新型コロナウイルスは、感染範囲が拡大している。これを受けて安倍首相は1月27日、国会答弁で28日には「指定感染症」に指定する方針だと述...

防護服を着用する医療スタッフ。武漢市金銀潭病院(STR/AFP via Getty Images)
2020/01/27
〈新型肺炎〉湖北省、1日10万着の防護服が必要 ネットから感染者過少発表の指摘

中国当局は26日、新型コロナウイルスの感染力が強まっており、感染者がさらに増加するとの見解を示した。その一方で、中国高官は、湖北省では医療用防護服が不足しており、...

1月25日、武漢市のある病院内の様子(HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
2020/01/27
<新型肺炎>米専門家「熱核反応のようなパンデミック」 2月に感染者25万人と推定

中国では、武漢市を中心に発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が急速に拡大している。米国の専門家は、新型肺炎は「熱核反応のようなパンデミック」になる恐れがある...

四川航空の投稿(微博)
2020/01/26
新型肺炎、日本から支援物資 マスク100万枚

四川省成都にある四川航空は25日、微博の公式アカウントで日本から100万枚のマスクが輸送されたと投稿した。

2019年1月25日、防護服を着用する医療関係者が患者を運んでいる。場所は武漢市赤十字病院(HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
2020/01/26
<新型肺炎>深圳の7人家族に6人感染 無症状の場合も 水際対策に限界との指摘

香港大学の袁國勇教授(微生物専門)らが医学雑誌「ランセット」に発表した最新の論文によると、中国深圳市の7人家族のうち、6人が新型コロナウイルスに感染し、親族間の感...

旧正月に乗客がごった返す鉄道の駅構内(STR/AFP via Getty Images)
2020/01/25
「政府の発表を信じないで」 ネットに医療関係者の告発相次ぐ

感染が急激に拡大する新型コロナウイルス肺炎。中国政府はこれまでに、感染者が1287人、死者41人と発表した。しかし、現場の医療関係者は相次ぎ、SNSに投稿し、実際...

中国湖北省武漢市の金銀潭医院(STR/AFP via Getty Images)
2020/01/25
<新型肺炎>武漢市、医師が死亡 医療関係者で初

湖北省武漢市の医師が1月25日、新型コロナウィルスによる肺炎で死亡した。中国メディア、ザ・ペーパー(澎湃新聞)が報じた。新型肺炎で医療関係者死亡は初めてだという。...

中国湖北省武漢の武漢市医療救治センター(NOEL CELIS/AFP via Getty Images)
2020/01/24
新型肺炎、2月にピークか 「2次、3次感染が起きている」との報道

中国湖北省武漢市を中心に発生した新型肺炎に2次感染と3次感染の事例が報告されたことが明らかになった。中国の専門家は2月が感染のピーク期になる恐れがあると指摘した。...

武漢市の金銀潭医院(STR/AFP via Getty Images)
2020/01/24
武漢視察の香港専門家、感染規模は「SARSの10倍以上」現状に「無力感」

中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎の感染状況を視察した香港のウイルス専門家は23日、メディアに対して、新型肺炎の感染規模は「SARSの10倍以上だ」と...

1月23日早朝、天河国際空港で武漢市を脱出しようとする市民が長い列に並んだ(スクリーンショット)
2020/01/23
武漢市、「戦時状態」宣言 交通機関を閉鎖 脱出図る市民で混乱

中国湖北省武漢市政府が23日早朝に開催した新型肺炎の感染拡大抑制会議で、「戦時状態の措置を実施する」と宣言した。当局は同日未明、23日午前10時から武漢市から出発...

写真は2020年1月21日の北京市(Kevin Frayer/Getty Images)
2020/01/23
<新型肺炎>山東省、デマ流布で4人拘束 情報統制か

中国で新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るっている。国家衛生健康委員会は23日、22日24時までに国内25の省で571人の感染者を確認し、17人が死亡したと発...

防護服を着用する医療スタッフ。武漢金銀潭病院(STR/AFP via Getty Images)
2020/01/22
武漢市、70代夫婦が10日の間に相次ぎ死亡 「重度の肺炎」

湖北省武漢市では22日、新型肺炎に感染したとみられる環境活動家の夫婦が、10日間以内に相次いで死亡したことがわかった。

新型コロナウイルスによる肺炎の患者が多く出た武漢市の華南海鮮市場(NOEL CELIS/Getty Images)
2020/01/22
新型肺炎、SARS専門家も感染「感染拡大を防げる」と発言したばかり

中国では新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が急増するなか、SARS(重症急性呼吸器症候群)の専門家も感染したことや、感染したとみられた夫婦が10日間内相次いで亡...

中国湖北省武漢市の金銀潭医院(STR/AFP via Getty Images)
2020/01/22
中国新型肺炎、武漢市医師「内部で当初からSARSの指摘あった」

中国では新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が急激に増えている。21日時点で、440人の感染が確認され、9人が死亡したと発表された。感染者が多く出た湖北省武漢市の...

中国湖北省武漢市の金銀潭医院(Getty Images)
2020/01/21
中国の新型肺炎、専門家「感染状況はSARSと酷似」=中国メディア

中国武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、香港の専門家は03年に発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)のまん延状況とほぼ一致していると指摘した。...

中国武漢市で昨年12月原因不明の肺炎の患者が確認されて以降、周辺国の政府が空港などでの検疫体制を強化した。写真は1月8日タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港(Lauren DeCicca/Getty Images)
2020/01/11
中国武漢、原因不明の肺炎で初の死者

中国武漢市衛生健康委員会は1月11日、先月以降相次いで発症した原因不明の肺炎の患者のうち、1人が死亡したと発表した。同肺炎で死者が出たのは初めてとみられる。世界保...

中国武漢市当局は5日、原因不明のウイルス性肺炎の患者が59人確認されたと発表(Photo by Christian Keenan/Getty Images)
2020/01/09
武漢で相次ぐ原因不明の肺炎、新型コロナウイルス検出 日米などが注意喚起

中国の河北省武漢市当局は1月5日、昨年12月以降原因不明の肺炎の感染者が59人確認されたと公表した。在中国の米国大使館は7日ウェブサイトで、中国に渡航する米国人に...

武漢の原因不明の肺炎 59例確認 163人が接触の疑い 当局はSARS否定(中央社)
2020/01/06
武漢、SARSの可能性を否定 肺炎患者59人確認 香港とシンガポールにも感染患者

中国武漢の衛生健康委員会当局は1月5日、昨年末から流行しているウイルス性肺炎は59例を確認し、7例は重篤な症状で、163人に接触による感染の疑いがあると発表した。...

湖北省武漢市保健当局は30日夜、「原因不明の肺炎」が発生したと発表した。(微博)
2019/12/31
武漢市で「原因不明の肺炎」発生 SARS疑うネット情報も

湖北省武漢市保健当局は30日夜、「原因不明の肺炎」が発生したと発表した。同市の医療関係者が微博への投稿によると、新型肺炎コロナウイルス(SARS)による感染が疑わ...

^