大紀元時報
トップ 食・グルメ
食・グルメ
(幸福文化出版提供)
2020.05.21
おいしい いちごジャム レシピ

いちごがたくさん取れる春にいちごジャムを数瓶作ってみては。

Wikipedia
2020.04.26
松花皮蛋(ピータン)の由来

中国料理の前菜に付き物の「ピータン」は、中国名を「松花皮蛋」という。水晶のように透き通った碧緑色の卵白部分に、松の花の模様があることからこの名が付いた。

牛肉の春雨とニラの炒め煮(大紀元)
2020.04.25
【家庭料理】牛肉の春雨とニラの炒め煮

春雨は戻さずに乾燥したものをそのまま使いましょう。時間短縮にもなるし、煮汁をしっかり吸っておいしくなります。

2020.04.19
【家庭料理】 切干し大根のゴマ酢和え

一口メモ 低カロリーで、食物繊維タップリのまさに健康食です。

(Tomoth/Creative Commons)
2020.04.18
【味の話】 ちゃんぽん

【大紀元日本9月4日】鎖国時代、日本で唯一の開港地として外来文化を受け入れ、独自の文化を育てた長崎では、料理にも異国の味が漂うと言われます。中でもちゃんぽんは深い...

(Norio.nakayama/Creative Commons)
2020.04.17
【味の話】 マーボー豆腐の由来

日本でもすっかりお馴染みの「マーボー豆腐」。豆腐、牛肉、香辛料(山椒、唐辛子、ニンニク、あるいはネギのみじん切り、豆板醤など)で調理されるこの四川料理は百年あまり...

(Erica.T/Creative Commons)
2020.04.17
【味の話】 桜餅 道明寺と長命寺

【大紀元日本4月9日】桜の季節を迎えると、食べたくなるのが桜餅ですね。桜餅には、関東風と関西風があります。 関東風は長命寺(ちょうめいじ)と呼ばれており小麦粉など...

2020.04.16
【味の話】蕎麦

近年は、手打ち蕎麦がブーム。そば打ちが体験できる道場や教室などがあちこちで見られます。特に中高年の男性に人気があるようですが、蕎麦はなかなか奥が深いそうです。

(Logatfer/Creative Commons)
2020.04.15
発酵の進行度により 色で分かれる中国茶

中国では「茶」は「茶 (ちゃ) 」とも「茗( めい)」とも呼ばれ、神農の時代から飲まれてきたようである。漢詩に茶を表す文字が見られ、それが最古の文献といわれている...

^