大紀元時報
トップ 重慶亡命騒ぎ
重慶亡命騒ぎ
2012.04.27
薄氏の兄、大手金融会社の副会長を辞任 事件の影響か

 【大紀元日本4月27日】香港にある大手金融企業、光大国際(チャイナ・エバーブライト・インターナショナル)は25日、副会長李学明氏の辞任を発表した。本名薄煕永の李...

コロンビア大学公共政策大学院(SIPA)公式ホームページのバナ―には、偶然か否か、望知氏の2003年の卒業イベント時のものと思われる写真が使われている。
2012.04.26
忘れられた薄氏の最初の子 後半 自宅軟禁のうわさ

 【大紀元日本4月26日】中国のネット上で伝わる情報によれば、薄熙来元重慶市トップの最初の息子・李望知氏のコロンビア大学公共政策大学院(SIPA)への入学には、中...

グーグル中国支店に手向けられた花束(Feng Li/Getty Images)
2012.04.26
【特別報道】「グーグル中国撤退」黒幕は周永康、薄熙来 国内検索サイトも関与

 【大紀元日本4月26日】大紀元が政府上層部から入手した信憑性の高い情報によると、大手検索エンジン「百度」(バイドゥ)は共産党内部の権力闘争に深く関与し、薄熙来重...

中共中央政治局常務委員会常務委員・周永康 (AFP)
2012.04.25
【新紀元連載】重慶事件 周永康、苛酷な官吏 6 前半

 【大紀元日本4月25日】王立軍の亡命騒ぎおよび薄煕来の失脚によって、今やそのバックにいる周永康にスポットが当たっている。周が公安部長兼政法(公安、司法)委書記に...

2012.04.19
【新紀元連載】重慶事件 薄煕来倒しのキーパーソンは習近平か 5

 【大紀元日本4月19日】王立軍から薄煕来。亡命騒ぎから始まった事件はいよいよ中共の中枢部に迫ってきた。10日、とうとう党の全役職が停止とされた薄煕来に党中央がメ...

3月5日、全人代に出席した周永康氏(LIU JIN/AFP)
2012.04.14
最高指導部、周永康氏の犯罪事実すでに把握 対応には意見分れか

 【大紀元日本4月14日】中国最高指導部が3月15日、重慶市元トップ薄煕来氏の解任と調査を公表してから、薄氏の後ろ盾であり、公安、警察、司法、諜報等を主管する中共...

2012.04.13
薄氏の次は周永康氏か クーデターを計画の情報も

 【大紀元日本4月13日】 重慶市元トップの薄煕来氏の職務停止が発表されたのを受け、中国共産党の機関紙・人民日報11日付社説の中に、「(薄氏の妻が関与したとされる...

物々しい雰囲気が漂うデモ現場(ネット写真)
2012.04.13
重慶市デモが拡大 数万人が参加 専門家「薄氏の支持者に利用されたか」

 【大紀元日本4月13日】行政区の合併に不満を持つ重慶市綦江区の住民が実施したデモがエスカレートした。11日のデモ参加者は前日の1万人から数万人へと...

王立軍事件によって、今年後半に予定される政権の移行に混乱が引き起こされた(大紀元)
2012.04.12
【新紀元連載】重慶亡命騒ぎ 権力闘争から中国の今後を読み取る 4

 【大紀元日本4月12日】地方都市の公安局長に過ぎない王立軍氏は今や、台風の目となって中共権力闘争の中で最強の嵐を引き起こした。「牽一髪而動全身」(髪一本を引っ張...

先月の全人代に出席した薄煕来氏(Feng Li/ Getty Images)
2012.04.12
妻の殺人容疑はまだ序幕か 専門家、薄煕来「反逆罪」の可能性を指摘

 【大紀元日本4月12日】事件はドラマさながらの展開を見せている。1カ月前の全人代会期中に行われた記者会見で、薄煕来氏が「基本的に家にいて、私のために家事をこなし...

2012.04.11
温家宝首相の警護責任者を更迭 盗聴疑惑が原因か

 【大紀元日本4月11日】温家宝首相の身辺警護を担当する中共中央警衛局の副局長が更迭されたと香港紙・蘋果日報は伝えた。中国政府は更迭とその理由を公表していないが、...

3月6日、全人代に出席した薄煕来氏(Getty Images)
2012.04.11
薄煕来氏、党役職停止 妻は英国人殺害容疑

 【大紀元日本4月11日】先月、重慶市党委員会書記を解任された薄煕来氏(62)は、党中央政治局員と党中央委員の職を解任されたことが明らかになった。妻の谷開来氏は殺...

2012.04.11
軍機関紙は再び胡錦濤支持を宣言、専門家「激戦の前夜」

 【大紀元日本4月11日】中国軍の機関紙「解放軍報」は6日の論説で、「軍隊はいかなる時、いかなる状況下でも、党中央、中央軍事委員会および胡主席の指揮に堅く服従する...

2010年、64天安門事件の犠牲者を弔う、香港でのキャンドルナイト。(laihiu)
2012.04.10
20数年国に帰れない民主活動家たち 温家宝首相「まったく人道的でない」と発言か

 【大紀元日本4月10日】4月初め、中国は清明節を迎える。皆、祖先の墓を参り、草むしりなどをして墓を掃除する。一方、1989年に武力弾圧された学生民主運動「六・四...

2012.04.09
【新紀元連載】重慶亡命騒ぎ 指導部内部の対立が激化 中共崩壊の前兆 3

 【大紀元日本4月9日】王立軍事件は過去の林彪事件のような驚天動地の大事件であり、単純に王立軍氏と薄煕来氏だけの問題ではなく、中共中央政治局の9人の常務委員および...

2012.04.09
湖北省で砲弾1万2千発を押収 政局に関する憶測が飛び交う 

 【大紀元日本4月9日】5日付の中国湖北省の地元紙、恩施晩報によると、同省利川市当局は1日、市内を走行中の貨物車から砲弾約1万2千発を発見、押収したという。貨物車...

2012.04.09
北京市機関紙、総書記を揶揄する社説 専門家「まさに笑裏蔵刀」

 【大紀元日本4月8日】北京市機関紙「北京日報」は5日、トップで「総書記の指示を肝に銘じる」と題する社説を掲載した。同紙は3月31日に「党の総書記は最高権力の代表...

副首相・李克強氏(LIU JIN/AFP/GettyImages)
2012.04.07
訪日断念した李克強副首相、政局不安定が原因か

 【大紀元日本4月7日】中国政府は3月30日、4月上旬に行われる日中国交正常化40周年記念行事に出席する李克強副首相を劉延東国務委員(文化担当、副首相クラス)に変...

2012.04.06
北京市党機関紙、胡錦濤・総書記をけん制する評論 江沢民派の反撃か

 【大紀元日本4月6日】中国紙「北京日報」は3月31日、「共産党の総書記は最高権力代表ではない」との内容の評論を出した。北京市共産党委員会の機関紙である同紙の、内...

(AFP/Getty Images)
2012.04.06
「目的はライバル落とすため」 薄煕来主導の「唱紅打黒」運動の裏幕

 【大紀元日本4月6日】3月に解任された重慶市元トップの薄煕来氏が主導した「「唱紅打黒」」(革命ソングーを歌い、暴力団を撲滅する)運動は「重慶モデル」としてもては...

2012.04.05
政法委NO.2が胡錦濤支持を表明 江沢民派ますます劣勢に

 【大紀元日本4月5日】中国共産党中央の権力闘争が激化する中、3月31日、中国共産党中央政法委員会(中央政法委)のナンバー2である王楽泉・副書記は、「原則的かつ大...

王立軍は江沢民の機嫌を取りたがる薄煕来に追従し、法輪功弾圧の手先となった。 それだけでなく、直接生きたまま人体から臓器を摘出するという許されざる罪を犯した。(大紀元)
2012.04.05
【新紀元連載】重慶亡命騒ぎ 王・薄 争いで暴露された驚きの黒幕 2

 【大紀元日本4月2日】王立軍と薄煕来は、法輪功を迫害した江沢民の腹心だった。彼らは目先の利益のために、「生きた人を殺し、臓器を摘出し、臓器移植で大金を儲けた」。...

大連市の実業家・徐明(41)氏が、共産党の紀律部門に拘束され、取り調べを受けている。(ネット写真)
2012.04.03
薄氏崩しのためか 親交の深い大連の実業家を拘束

 【大紀元日本4月3日】先日解任された重慶市元トップの薄熙来と親密な関係にあるとされる、大連市の実業家・徐明(41)氏が、共産党の紀律部門に拘束され、取り調べを受...

2012.04.02
【新紀元連載】重慶亡命騒ぎ 王立軍が米領事館に駆込んだ全内幕 1後半

 【大紀元日本4月2日】それは中紀委による王立軍の調査から始まった 王立軍は、遼寧省鉄嶺市で8年間、公安局長を在任中、現地で自らの勢力をたくさん育ててきた。同じく...

「関連法律と政策により、周永康の検索結果を表示できません」と表示されている。(ポータルサイト・新浪微薄のスクリーンショット)
2012.03.30
指導部の情報攻防戦が激化 重慶事件が背景に

 【大紀元日本3月30日】薄熙来氏が失脚した15日後の数日間、国内最大の検索サイト百度(Baidu)では、今までタブーとなっていた「転法輪」(法輪功の書物)、「六...

2012.03.29
中国軍機関紙、政局の大きな変化を示唆 胡主席への忠誠誓う

 【大紀元日本3月29日】胡錦濤・国家主席が核安全保障サミットのため韓国へ発った翌日の27日、中国軍の機関紙「解放軍報」は、「国情党情発生変化 部隊時刻聴党指揮(...

重慶「暴力団撲滅の英雄」と呼ばれた王立軍と薄煕来との争いが、中共および国際社会を揺さぶっている。
2012.03.29
【新紀元連載】重慶亡命騒ぎ 王立軍が米領事館に駆込んだ全内幕 1前半

 【大紀元日本3月29日】先月はじめ、重慶市の副市長であった王立軍がアメリカ総領事館に駆け込んだという「重慶亡命騒ぎ」が起きた。事件の展開とともに、その舞台裏も徐...

王立軍事件の内幕が暴露されるにつれ、ますます多くの中国の民衆が中共からの脱退を表明した。写真は、3月17日にカナダのトロントで行われたパレードの様子。「三退」を表明した1億1千万人の中国人を声援している(大紀元)
2012.03.28
米領事館へ逃げ込んだ「打黒英雄」 王立軍事件で民衆覚醒

 【大紀元日本3月28日】「王立軍は『打黒英雄』なのに、なぜ米領事館に逃げ込んだのか」。前重慶市副市長で公安局長を務めた王立軍の米領事館駆け込み事件について、全世...

内紛が勃発する中、警戒が一層強まり、緊張に包まれた北京 (AFP / Getty Images)
2012.03.27
北京市、警戒レベルを引き上げ 不安定な情勢への備えか

 【大紀元日本3月27日】香港の政論雑誌 『動向』3月最新号によると、胡錦涛中央軍事委員会主席は2月23日、北京軍区及び北京の警備・守備に当たる北京衛成区部隊に対...

2012.03.27
【特別報道】真相こそ道しるべ 歴史の変化は目の前に 後半

 【大紀元日本3月27日】迫害の深刻的な悪果 中国共産党による、法輪功に対する誹謗、中傷、迫害は筆舌に尽くせない。この迫害は徹底的に中国の司法系統を踏み潰して、事...

^