大紀元時報
トップ 法輪功迫害
法輪功迫害
米ワシントンのナショナル・プレス・クラブで6月、中国の臓器強制的出問題についての最新報告書発表記者会見で発言するデービッド・マタス氏(李莎/大紀元)
2016.07.05
独占インタビュー
中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・マタス氏 独占インタビュー(2)

 6月22日、中国で国家ぐるみに収容者の臓器を収奪していることに関して調査を続けてきた専門家が、最新の報告書を発表した。これによると、中国の臓器移植件数は年間10...

中国での法輪功修煉者からの臓器摘出問題に関する調査報告の共著者、人権擁護弁護士デービッド・マタス氏。2007年5月29日、カナダ議会での公聴会で。(大紀元)
2016.07.04
独占インタビュー
中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・マタス氏 独占インタビュー(1)

 6月22日、中国で国家ぐるみに収容者の臓器を収奪していることに関して調査を続けてきた専門家が、最新の報告書を発表した。これによると、中国の臓器移植件数は年間10...

イーサン・ガットマン氏を手にもつ著書『殺処分(仮題)』(原題:The Slaughter)。原書は2014年8月12日に 米カリフォルニア州サンフランシスコで出版された。(Steve Ispas/Epoch Times)
2016.06.26
中国臓器狩り新報告 共著者イーサン・ガットマン氏 独占インタビュー(2)

米連邦議会で6月22日、中国で国家ぐるみに収容者の臓器を収奪していることに関して調査を続けてきた専門家が、最新の報告書を発表した。それによると、中国の臓器移植件数...

イーサン・ガットマン氏と著書『殺処分』表紙(EndOrganPillaging.org)
2016.06.25
中国臓器狩り新報告 共著者イーサン・ガットマン氏 独占インタビュー(1)

米連邦議会で6月22日、中国で国家ぐるみに収容者の臓器を収奪していることに関して調査を続けてきた専門家が、最新の報告書を発表した。それによると、中国の臓器移植件数...

入院していた人権弁護士は、中国の市民は「目覚めている」と表現。写真は2013年9月、北京の病院内の看護師たち。参考写真(WANG ZHAO/AFP/Getty Images)
2016.06.16
「中国市民は心から共産党にノー」入院中の人権弁護士、民の声を聞く(2)

鄭氏は、毎日のように若者と交流するなかで、「一般の中国人はかなりの程度目覚めていると思っている」と感じた。「彼らは、時たまに副省長レベルの幹部が逮捕されていても何...

2016年6月13日 、 343号決議案が通過する前に、米下院議会で、中国での臓器収奪について発言するイリアナ・ロス=レーティネン議員(スクリーンショット)
2016.06.15
臓器狩り
米下院、法輪功の臓器摘出を非難する決議案を満場一致で通過

米下院議会で13日、中国当局が国家ぐるみで行っている法輪功学習者に対する強制的な臓器摘出を非難する「343号決議案」が満場一致で通過した。中国共産党による法輪功へ...

中国著名な人権派弁護士、鄭恩寵氏が5月3日から約1カ月間入院した。入院生活でたくさんの人と知り合い、語り合い、民衆は自分が思っていた以上に目覚めていると語っている。(大紀元資料室)
2016.06.14
人権派弁護士は見た
「中国市民は心から共産党にノー」入院中の人権弁護士、民の声を聞く(1)

中国の著名な人権派弁護士で、上海当局から監視されている鄭恩寵氏は、入院中の出来事について大紀元に明かした。鄭氏によると、病院で出会った市民は、共産党政権と江沢民に...

米国の法輪功のパレードに参加する李軍さんと王晶さん(李軍さん提供)
2016.05.28
迫害と修練
法輪功とは何か 受賞歴ある元テレビディレクターの半生から(3)

2002年9月、満期になり出所した李軍さんは心身ともにひどく衰弱していた。妻の王晶さんは「夫はよく悪夢を見ていた。何も聞かなくても労動教養所でどれほど酷い目に遭遇...

中国司法当局の法輪功関係の案件に関する扱い方に変化が現れてきた。大紀元の独占インタビューで、中国の著名弁護士である張賛寧氏が現状を分析した (ネット写真)
2016.05.26
独占インタビュー
著名弁護士、新法規の発表で「中国司法当局に変化の兆し」

共産党独裁政権の国を挙げた法輪功への迫害が17年目になる今、中国司法当局の法輪功関係の案件に関する扱い方に変化が現れてきた。そのことについて、大紀元の独占インタビ...

元テレビ局社員・李軍氏一家の近影(李軍氏提供)
2016.05.21
迫害と修練
法輪功とは何か 受賞歴ある元テレビディレクターの半生から(2)

李軍さんは公安局留置所から解放された後、務めていた南京市テレビ局に戻ったが、もとの仕事ではなく総務の部署に異動した。中国共産党は法輪功に対して徹底した迫害政策をと...

元テレビ局社員・李軍氏一家の近影(李軍氏提供)
2016.05.14
法輪功とは何か 受賞歴ある元テレビディレクターの半生から(1)

5月13日は中国気功修煉法の法輪功が公に伝えだされた記念日として、日本をふくむ世界各地で現地学習者によりパレードや集会が行われた。目にした人は法輪功とは何か、疑問...

2013年7月、スモッグが去り夕日が映る天安門広場の空。習近平主席は宗教工作会議で、宗教の自由と法治強化を言及した(Li Feng/Getty Images)
2016.05.03
政策変化
習近平主席「信仰自由」「法治を強化」法輪功政策が変わるシグナルか=宗教工作会議

中国習近平国家主席は4月22~23日、15年ぶりに党内最高レベルの宗教工作会議を開き、宗教信仰の自由を強調し、法治による宗教問題の解決を図る意向を示した。これまで...

米国議会の公聴会で、拷問や性的暴行について証言した法輪功学習者・尹麗萍さん(明慧ネット)
2016.04.20
迫害証言
「黒監獄」で女性へ性的迫害=米公聴会証言(2)

4月14日、米連邦議会議事堂で開かれた「広範囲に及ぶ中国の拷問」に関する公聴会。証言台に立った法輪功学習者、尹麗萍(イン・リーピン)さんは、凄惨な迫害について生々...

高圧電流を収監者の身体に放電する拷問「電撃」再現イラスト(法輪功学習者が作成)
2016.04.20
迫害証言
法輪功迫害は「硝煙のない戦争」=米公聴会証言(1)

米国議会の公聴会で、中国で迫害を受ける法輪功の学習者が、強制収容施設での拷問や性的暴行について証言した。そのなかで、馬三家労働教養所の所長が、法輪功迫害は「硝煙の...

湖南省の病院で、移植用臓器を運ぶ医師たち(大紀元資料)
2016.03.18
【独占インタビュー】元老の次男、江沢民告訴を支持 臓器狩りを調査し公開すべき

中国共産党元老の一人で、故羅瑞卿・元中国軍大将の息子である羅宇氏は、習近平氏に対して中国の独裁政治を終わらせるよう呼び掛ける公開状を発表したことで注目を集めた。先...

2013年10月、米ロサンゼルスの人権集会で演説する「臓器強制摘出に反対する医師会(DAFOH)」代表トルステン・トレイ医師(大紀元)
2016.03.18
2016年ノーベル平和賞候補に「臓器狩りに反対する医師会」

国際的な医学倫理組織「臓器強制摘出に反対する医師の会(DAFOH、米ワシントンDC拠点)」がこのほど2016年ノーベル平和賞候補になった。同組織は長年来、移植用臓...

米公聴会で証言する、ミス・ワールドのカナダ代表アナスタシア・リンさん(Gary Feuerberg/Epoch Times)
2016.03.05
中国の宗教と人権弾圧
米議会公聴会、中国の宗教迫害と人権弾圧を議論 米著名俳優やミス・カナダも証言(2)

「中国問題に関する連邦議会・行政府委員会(CECC)」の開いた今回の公聴会は「共産党政権の中国での弾圧と支配」と名付けられた。議長クリス・スミス下院議員は声明で、...

法輪功支援組織からの公開状が、米ニューヨーク・タイムズの一面広告に(Friend of Falun Gong)
2016.01.29
迫害停止
「 親愛なる習近平主席 」ニューヨーク・タイムズ紙面に法輪功の友 公開状 

中国で非合法化されている気功法・法輪功の支援組織である非営利団体「法輪功の友」(米ニュージャージー州拠点)は28日付け米紙ニューヨーク・タイムズに、「習近平中国国...

10月、香港の中心地で行われた江沢民告訴を呼びかけるパレード(大紀元)
2016.01.22
「江沢民を刑事裁判に」 アジアで100万人以上が刑事告発 

1999年に中国伝統気功・法輪功への迫害を発動した江沢民・元国家主席に対して、刑事責任追究を求める刑事告発・告訴運動が全世界で広がっている。告発署名活動の主催者、...

通報を受けた警察と爆破物処理班、消防団がホテルを捜索(宗祥龍/大紀元)
2016.01.21
1600人の法輪功香港交流会で「爆弾」騒ぎ 会長「江沢民派の脅しの可能性」

香港のホテルで17日、「爆弾」騒ぎが起こり、当日ホテルの会場で開かれていた法輪功学習者による交流会が中止となった。

北京街頭の江氏告訴看板(明慧ネット)
2016.01.11
真相バナー
中国 人目を引く「江沢民を告訴」伝えるポスター 各地で掲示

2016年に入ってから、中国の河北省や黒龍江省、遼寧省、山東省などの街中で、「江沢民が国内外で告訴・告発されている」と伝える看板やポスター、ステッカーなどが掲げら...

アナスタシア・リンさん。米ニューヨークで6月13日撮影(Benjamin Chasteen/Epoch Times)
2015.12.26
アナスタシア・リン
「動揺しない」女優、ミス・カナダ出演の映画 来年公開

中国で開催された2015「ミス・ワールド」決勝大会で、入国を拒否され参加できなかった唯一の参加者として、国際的に注目を集めたカナダ代表アナスタシア・リンさん。15...

米公聴会で証言する、ミス・ワールドのカナダ代表アナスタシア・リンさん(Gary Feuerberg/Epoch Times)
2015.12.21
中国の宗教と人権弾圧
米議会公聴会、中国の宗教迫害と人権弾圧を議論 米著名俳優やミス・カナダも証言(1)

米政府機関が開いた中国の宗教や人権に関する公聴会では、米著名俳優やミス・ワールドのカナダ代表が証言し、問題の注視を訴えた。9月には習近平国家主席の初訪米が予定され...

27日、香港の空港近くのホテルで記者会見を開くミス・カナダ(AP Photo/Kin Cheung)
2015.12.21
ミス・カナダの訴え
「なぜミスコン出場者を恐れるのか」中国が入国拒否するミス・カナダ 香港で会見

12月に中国海南島で開催されるミス・ワールド世界大会のカナダ代表アナスタシア・リンさん(25)が、中国入国を拒否された。リンさんは足止めされている経由地・香港で記...

ドキュメンタリー映画「信じ難いこと(原題:Hard To Believe)」の試写会に出席したアナスタシア・リンさん。11月1日、オーストリアのウィーンで撮影(アナスタシアさん提供)
2015.12.21
良心と勇気ある美を恐れる当局
ミス・ワールド開催国の中国 カナダ代表の入国拒む

中国・海南島で11月21日から開催される2015ミス・ワールド世界大会で、出場予定のミス・カナダが、中国当局により入国を拒否されている。ミス・カナダが、これまで中...

12月18日、米記者クラブで会見するアナスタシア・リンさん (撮影 Lisa Fan/Epoch Times)
2015.12.20
アナスタシア・リン
「恐怖に屈しない」中国が入国禁止するミス・カナダ、米で会見

2015年ミス・ワールド世界大会の決戦が、中国の海南島三亜市で12月19日に開かれた。しかし、中国の人権問題を訴えてきたカナダ代表アナスタシア・リンさんは当局に入...

9月、大阪で「江沢民告訴」に向けた署名にサインする市民(明慧ネット)
2015.11.17
伝わる真相
日本でも急増 「江沢民告発」署名 10月まで4万5千人

「江沢民を刑事告発する」署名数が10月、日本を含むアジア諸国で急増している。署名運動の主催者集計によると、同月までにアジア全体で約77万人、日本では約4万5000...

映画のポスター
2015.11.14
臓器狩り
ピーボデイ賞受賞ドキュメンタリー映画 台湾の医薬大で上映

米放送界の最高栄誉とされるピーボデイ賞を受賞した、中国の臓器収奪問題を取り上げたドキュメンタリー映画『人狩り(Human Harvest)』が、台湾・台中市の中国...

「江沢民を告訴」のバナーを掲げる法輪功学習者(潘在殊/大紀元)
2015.10.07
迫害停止
法輪功、香港で「十一」集会とパレード 共産党の解体と江沢民告訴もとめる

香港の中心地・九龍で10月1日、中国当局からの迫害停止と江沢民元国家主席の告訴を求める法輪功が、集会とパレードを行った。集会では複数の香港議会議員や人権弁護士など...

9月26日、訪米中の習近平中国国家主席がニューヨーク滞在中、大通りで気功法を煉る法輪功学習者(Samira Bouaou/Epoch Times)
2015.09.30
習近平氏の訪米
習近平氏の周囲にあらわる黄色いバナー 米国メディアも注目

習近平中国国家主席の公式米国訪問中、各都市では黄色いバナーを掲げた法輪功学習者の姿が見られた。起業家との交流会が行われたシアトル、オバマ大統領の会談が行われたワシ...

^