japanese rules
  • 2022

    The Sixth
    NTD INTERNATIONAL
    PIANO COMPETITION

    New York                                                            

重要なお知らせ

第6回新唐人国際ピアノコンクールにご感心をお寄せ頂いている皆様へ

皆様の新唐人国際ピアノコンクールへのご理解とご協力に感謝しております!

さて今年10月、アメリカ・ニューヨークで第6回新唐人国際ピアノコンクールの開催が決定致しました。

新唐人国際ピアノコンクールは、クラシック音楽の伝承と普及を趣旨としており、志を共にするアーティスト同士が切磋琢磨し、音楽における理解や経験をより豊かにできる機会を作ることこそが、本コンクールの真の価値です。同じステージで競い合う交流によってのみ、この目的が実現されることでしょう。また、ピアニストとして自身最高の音楽を来場の観客だけではなく、ライブ中継を通じ、世界中の聴衆にもお届けすることが可能です。

コンクールはパンデミックの影響で1年延期されましたが、いずれニューヨークでお会いして、この盛典をともに祝えると確信しております。私たちを緊密に結びつけているのは、クラシックピアノ音楽という芸術への情熱だからです。

新唐人国際ピアノコンクールの主催者として、10月に皆様をお迎えできることを大変喜ばしく思います。手を取り合い、クラシックピアノの素晴らしい伝統を引き継いでいきましょう。さらに重要なことですが、これらの古典的な巨匠の傑作によって、世界に感動を与え、希望、勇気、信仰を取り戻すことができるのです。

第6回新唐人国際ピアノコンクール組織委員会

2022年4月22日

第6回新唐人国際ピアノコンクール
お申し込みページ

I. 趣旨

「新唐人国際ピアノコンクール」は、新唐人(NTD)テレビが主催する国際的な文化芸術イベントの一つです。

本コンクールの趣旨は、純粋な真、純粋な善、純粋な美を有する正統派芸術を推進し、バロック、古典派、ロマン派時代のピアノの傑作の栄華を蘇らせることにあります。

本コンクールは、250年の歴史を持つ遺産であるピアノの名曲を今後も繁栄させていくため、芸術性を重視しています。これらの作品は人類の宝であり、後世に引き継がれるべきものだと考えています。

II. 主催

本コンクールは、新唐人テレビによって2008年に創設されました。新唐人テレビは、中国国外における最大の中国語メディアグループとして、テレビ、新聞、雑誌、ウェブサイト、ソーシャルメディアを通じて、正統な伝統文化を世界中に発信しています。コンクールのセミファイナルとファイナルは、インターネットでライブ配信を行い、本コンクールの録画はテレビの番組として編集し、新唐人テレビのネットワークで放送する予定です。

III. 委嘱作品

今回のコンクールは光栄にも、アメリカの神韻芸術団の芸術監督であるD.F.氏が作曲した楽曲を、D.F.氏の許可を得てピアノ用にアレンジしたものをセミファイナルの課題曲として使用できることになりました。セミファイナルに進出したピアニストには、この課題曲を演奏する機会が与えられます。委嘱作品には3,000ドルの「最優秀演奏賞」が設けられています。

神韻の音楽の特徴を受け継いだこの委嘱作品は、東洋と西洋のクラシック音楽の真髄を完璧に融合させています。西洋のピアノが土台となり、中国古典音楽の特徴を引き出しています。古来の中国音楽の旋律や韻律をもとに、西洋楽器であるピアノで神性を有する音楽の内包を表現し、東西の古典音楽を完璧なまでに融合させているところが、当コンクールの委嘱作品の特徴であり、魅力でもあります。

IV. 日程

第6回新唐人国際ピアノコンクールは、2022年10月29日から11月2日まで、アメリカ・ニューヨークで1次ラウンド、セミファイナル、ファイナル、表彰式が開催される予定です。

2022年10月29日(土曜日):1次ラウンドI
2022年10月30日(日曜日):1次ラウンド II
2022年10月31日(月曜日):セミファイナル(全世界にライブ配信)
2022年11月1日(火曜日):ファイナル(全世界にライブ配信)
2022年11月2日(水曜日):「Future Starts」コンサート&表彰式(全世界にライブ配信)

イベント 日程
1次ラウンド 2022年10月29日
1次ラウンド 2022年10月30日
セミファイナル 2022年10月31日(全世界にライブ配信)
ファイナル 2022年11月1日(全世界にライブ配信)
「Future Starts」コンサート&表彰式 2022年11月2日(全世界にライブ配信)
劇場:
ニューヨーク・マンハッタン
カウフマン・ミュージック・センター内 マーキン・コンサート・ホール
Merkin Concert Hall - Kaufman Music Center
129 W 67th St., New York, NY, U.S.A.
 

V.各種規程

・審査委員

コンクールの審査は、新唐人テレビが特別招待した審査委員によって行われます。審査委員はいずれもプロピアニストとピアノ教育者で構成されています。新唐人国際ピアノコンクールの審査委員が全出場者の演奏を審査します。全審査における審査委員の評定がいずれも最終的なものとなります。

・服装規定

コンクールに出場する方は必ず正装を着用してください。男性は濃色のスーツまたはタキシード、女性はフォーマルなイブニングドレス。

• 演奏について

演奏はすべて暗譜とします。審査委員は、この規定に違反した出場者を失格とする権利を有します。

• その他

  1. 出場者は、本コンクールの応募をもって、本コンクールの規定の有効性を認めたこととします。
  2. 出場者は、本コンクール組織委員会の定めるところに従わなければなりません。組織委員会は、出場者が違反行為を行った場合、出場資格及び賞を取り消す権利を有します。
  3. 新唐人テレビが、コンクール期間中に制作された画像、テキスト、音声、映像の著作権を有します。
  4. すべての賞は、表彰式で出場者が直接受け取らなければなりません。授賞式を欠席した場合は、賞および賞金を失うことになります。
  5. コンクールの最中に不測の事態が発生した場合、出場者は自らの責任で対処してください。。
  6. 組織委員会は、本コンクールの規定を解釈するための最終的な権限、および必要に応じて変更する権利を有するものとします。

VI. 賞

  1. 金賞1名: 10,000米ドル
  2. 銀賞1名: 6,000米ドル
  3. 銅賞1名: 3,000米ドル
  4. 委嘱作品の最優秀演奏賞1名: 3,000米ドル
  5. 優秀演奏賞
  6. 優秀栄誉賞

VII. 課題曲

予選: 2曲

1. 以下のJ.S.バッハの曲目から任意の1曲

  • Toccata in F-sharp Minor BWV910
  • Toccata in C Minor BWV911
  • Toccata in D Major BWV912
  • Toccata in D Minor BWV913
  • Toccata in E Minor BWV914
  • Toccata in G Minor BWV915
  • Toccata in G Major BWV916
  • J.S.バッハ「平均律第1巻・第2巻」より任意の前奏曲とフーガ

2. ショパンのエチュードを以下から任意の1曲

  • Op. 10: No. 1、No. 2、No. 7、No. 10
  • Op. 25: No. 5、No. 6、No. 10、No. 11

セミファイナル: 2曲

1. 委嘱作品
2. ベートーヴェンのソナタより1曲選び、全楽章を演奏してください。なお、演奏の繰り返しについては省略とします。

  • Sonata No. 3 in C Major, Op. 2 No. 3
  • Sonata No. 18 in E-flat Major, Op. 31 No. 3
  • Sonata No. 21 in C Major, Op. 53
  • Sonata No. 23 in F Minor, Op. 57
  • Sonata No. 30 in E Major, Op. 109
  • Sonata No. 32 in C Minor, Op. 111

ファイナル
ファイナルでは演奏時間が40分間となるようにしてください。曲目は自由とします。ただし、同じ曲を2回演奏することはできません。

楽曲はバロック、古典派、ロマン派のいずれかの時代のものに限ります(印象派、現代音楽の楽曲は不可)。以下のリスト以外から選曲する場合は、選曲案を提出して審査委員会の承認を得てください。

演奏曲リスト:

  • Bach-Busoni Chaconne in D Minor
  • Beethoven Sonata No. 29 in B-flat Major, Op. 106
  • Brahms Variations and Fugue on a Theme by Handel, Op. 24
  • Chopin
    • Andante Spianato et Grande Polonaise Brillante Op. 22
    • Sonata No.2 in B-flat Minor, Op. 35
    • Sonata No.3 in B Minor, Op. 58
  • Frank Prelude, Choral and Fugue
  • Liszt:
    • Transcendental Etudes, S. 139
    • Tarantella
    • Sonata in B Minor
  • Mendelssohn Variations Serieuses Op. 54
  • Rachmaninoff
    • Piano Sonata No. 2 (Original version 1913)
    • 10 Preludes, Op. 23
    • 13 Preludes, Op. 32
    • Six Moments Musicaux, Op. 16
    • Etudes-Tableaux, Op. 33
    • Etudes-Tableaux, Op. 39
  • Schubert
    • Sonata in C Minor, D. 958
    • Sonata in A Major, D. 959
    • Sonata in B-flat Major, D. 960
    • Fantasy in C Major, Op. 15 (D. 760)
  • Schumann
    • Symphonic Etudes, Op. 13
    • Fantasy in C Major Op. 17
  • Saint-Saëns
    • Études, Op. 52
    • Études, Op. 111

VIII. お申し込み

一  資格

  • コンクールは、幅広いピアノのレパートリーに精通しているピアニスト、指導者、学生を対象としており、国籍は問いません。
  • 出場資格は、17歳から35歳まで(コンクール期間中の年齢)の方に限ります。

二 申込要項

  1. 応募締切日: 2022年9月10日(順次審査)。申込書類は、締切日までに本コンクールの組織委員会に提出してください。期日を過ぎた場合や、書類に不備がある場合は参加申し込みを受け付けることができません。
  2. 参加料は150米ドル。お支払いがない場合、申し込みを受け付けることができません。お支払い方法は、オンラインでのお支払い、クレジットカード、トラベラーズチェック、マネーオーダーなどがご利用いただけます。小切手の支払い先はNew Tang Dynasty Television としてください。なお、いかなる場合においても参加料納入後の返金はいたしかねます。ご了承ください。
  3. 申込方法:
    • ウェブサイト: //app.ntdtv.com/
    • メール: piano@globalcompetitions.org
    • 電話:1-888-477-9228
    • Fax:1-888-600-1998
    • 郵送:NTD International Piano Competition
      229 West 28th Street, 7th Floor, New York, NY 10001 USA
  4. 応募者は、以下のものを申込書類として提出してください。
    1. 必要事項を記入した第6回新唐人テレビ国際ピアノコンクール申込書。応募者が 18 歳未満の場合は、法的な保護者の署名が必要。
    2. 12ヶ月以内に撮影された高解像度カラー写真(300dpi以上)、宣伝目的に適したプロフィール用宣材写真が望ましい。
    3. 有効な法的な身分証明書のコピー
    4. 予備選考演奏動画(10分~30分)
  5. 申込書類は返却しません。応募者は、申込書類のコピーを保管してください。コンクール組織委員会が受け取っていない申込書類については、一切の責任を負いません。

三 予備選考演奏動画の提出

  1. 応募者は、最近(24ヶ月以内)撮影された未編集の動画またはコンサート、リサイタルの動画を最大3本まで申込書類と共に提出してください。バロック、古典派、ロマン派のいずれかの時代に属した作品を提出してください。
  2. 動画のファイルは、オンラインビデオリンク(YouTube、Vimeoなど)、動画ファイル共有リンク(Google Drive、Microsoft OneDrive、Dropboxなど)、もしくは応募者の演奏(独奏またはオーケストラやアンサンブルとの協奏曲のいずれか)を録画したDVDなどを提出してください。動画は10分から30分以内のものに限ります。
  3. 動画は高品質かつ編集されていないもので、常に応募者の顔と手がフレーム内にはっきりと写っている必要があります。また、録音の音響品質に影響を与える編集等を行った際には必ず明記してください。
  4. 演奏動画は申込書Cまたはオンライン申込書と共に提出してください。

四 申込書類提出完了後の流れ

  1. コンクール組織委員会が審査を通過した応募者に招待状を発送します。招待状の原本は米国のビザを申請する際に使用可能です。組織委員会は2022年9月15日(順次)までに選考結果を応募者に通知します、1次ラウンド進出者全員に招待状を送付します。招待状で米国ビザの申請とコンクール当日の登録を行うことができます

第6回新唐人国際ピアノコンクール組織委員会
2022年4月20日



日本国内のお問い合わせ窓口

  • ウェブサイト:https://www.epochtimes.jp/piano
  • メール:contact.jp.piano@ntdcompetitions.com
  • 電話:03-6806-8902
  • Fax:03-6730-2861
  • 住所:東京都中央区築地4-3-12 1006号室
    株式会社 大紀元内

Jury Panel

Jury Chair: Prof. Becky Yao

ベッキー・ヤオ(姚妼姬)教授はニューヨーク、韓国、米国南東部で幅広い指導と演奏の経験を持ち、中国の有名な星海音楽学院で学士号を取得した後、全額奨学金を得てマンハッタン音楽学院でシーモア・リプキン氏に4年間師事した。ノースジョージア大学でピアノと音楽鑑賞の講師を務めた後、ヤオ氏はジョージア州立大学でピアノ演奏の修士号(音楽)を取得し、ピアノコンチェルトコンクールで優勝した。2011年から、飛天大学の音楽学部教授を務めている。2008年、2009年に新唐人テレビが主催した「全世界華人ピアノコンクール」の審査員を務め、2014年、2016年、2019年には新唐人テレビ主催の「国際ピアノコンクール」の審査委員長を務めた。

Jury: Dr. Susan Liu

スーザン・リウ(劉紹珊)博士は応用ピアノ、音楽理論、音楽史の教授であり、ピアノ、古筝の演奏家、さらに作曲家としても活躍している。リウ氏の作品の多くは神韻芸術団の世界ツアーで演奏されている。リウ氏はイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で修士号(音楽)、テキサス大学オースティン校で博士号(音楽)を取得。長年にわたりテキサス州でピアノを教え、演奏活動を行ってきたリウ氏の生徒らも、コンクールで多くの賞を受賞をした。リウ氏自身もNISODより「教育及び指導力優秀賞」を受賞。また、様々なピアノコンクールの審査員としても活躍しており、2016年と2019年に開催された新唐人テレビ主催の「国際ピアノコンクール」では委嘱作品の編曲を担当し、審査員も務めた。2016年から飛天大学の音楽学部に所属し、理論と応用の両方を教えている。

Jury: Janara Khassenova

カザフスタン出身のピアニスト、ジャナラ・ハセノバ氏は、モスクワ国立音楽学院で学び、同院の大学院を修了。アメリカでは、ロンギー音楽院のピアノ演奏のアーティスト・ディプロマ・プログラムを修了している。ソリストとして、ジャナラ氏は室内アンサンブルやオーケストラとの共演で、旧ソ連、イタリア、ギリシャ、アメリカなどで活躍してきた。また、様々なプロジェクトにおいて、様々なミュージシャンと頻繁にコラボレーションを行っている。現在、バード大学音楽院の準備部門の教員として、ニューヨークでピアノを教え、飛天大学の非常勤講師も務めている。2014年から新唐人テレビのアーティスティック・アドバイザーを務めており、芸術番組「Piano Talks」の司会をしている。また、2016年と2019年には新唐人テレビ主催の「国際ピアノコンクール」の審査員として招かれた。

FAQ

よくある質問

(第6回新唐人国際ピアノコンクール)

新唐人国際ピアノコンクールとはどのようなものでしょうか?

新唐人国際ピアノコンクールは、グローバルなテレビネットワークを有する新唐人テレビが主催する国際ピアノコンクールです。本コンクールの使命は、西洋文化の素晴らしい遺産であるバロック、古典派、ロマン派時代のクラシックピアノ音楽を継承し、発展させることにあります。

新唐人テレビとは何でしょうか?

新唐人(NTD)テレビは2001年、ニューヨークで設立したグローバルニュースメディアです。独立・非営利の立場から世界中の出来事を報道し、文化事業にも取り組んでいます。中国本土以外における最大の中国語ニュースメディアとして、公正、尊厳、人間性を持ち合わせた質の高いコンテンツを提供し、社会の道徳意識と価値観を促進することに力を入れています。また、真実と正確な情報を発信することが世界の正義と信頼を維持することに繋がると考えています。多文化の視点とグローバルな視野に基づき、各種世界規模のコンクールと高品質の文化番組を通じて、世界と中国の正統な文化芸術の復興に尽力してきました。新唐人テレビは現在、衛星放送、ケーブルテレビ、地上波放送及びネット配信等を通じてアジア、ヨーロッパ、北米の視聴者に24時間放送しています。

新唐人国際ピアノコンクールの特徴は?

  • 崇高な文化的使命:本コンクールは、西洋文明の宝庫であるクラシックピアノ音楽を復興させることに尽力します。
  • 特徴的な課題曲:バロック、古典派、ロマン派のいずれかの時代に属する楽曲のみを選考対象とします(印象派や現代音楽の楽曲は不可)。
  • オリジナルの委嘱作品:世界的に有名な神韻芸術団で芸術総監督を務めるD.F.氏が作曲した声楽曲をもとに編曲したものです。「最優秀演奏賞」が設けられています。
  • グローバルな観衆:本コンクールのセミファイナル、ファイナル、入賞者の演奏会、表彰式は、新唐人テレビと大紀元(エポックタイムズ)により、グローバルなテレビネットワークと様々なソーシャルメディアチャンネルでライブ放送し、世界中の約1億8千万人の視聴者がこの音楽の饗宴を鑑賞できます。

新唐人国際ピアノコンクールの審査委員は誰が務めていますか?

審査委員は全員、新唐人テレビコンクール組織委員会によって任命します。新唐人国際ピアノコンクールの審査委員は、プロピアニストとピアノ教育者で構成されており、出場者の演奏を評価し、入賞者を選出します。全審査における審査委員の評定がいずれも最終的なものとなります

審査委員の審査基準は?

審査委員は、演奏の音楽性や流暢性に加えて、次のような点にも注目します。第一に、リズム、ダイナミックさ、明瞭さそして正確さにおける出場者の技巧を審査します。第二に、音楽の音色(音質)です。純粋で平静な心を持つピアニストは、豊かで聞き手を感動させる完璧な音色を作り出すことができます。第三に、優れた芸術的素養と音楽史の深い理解によってもたらされる、クラシック音楽作品の内包と風格の表現力を審査します。最後に、洗練されたクラシックピアニストが持つ高貴でエレガントなステージ・プレゼンスを審査します。

申込締め切り日はいつですか?

必要書類は、2022年9月10日(順次審査)までに本コンクールの組織委員会に提出してください。期日を過ぎた場合や、書類に不備がある場合は参加申し込みを受け付けることができません。

出場者の年齢制限はありますか?

コンクールは、世界中のピアニスト、演奏家、ピアノ教師、音楽学校の学生を対象としています。出場資格は、17歳から35歳まで(コンクール期間中の年齢)の方に限ります。

参加料はいくらですか?

参加料は150米ドルです。なお、いかなる場合においても参加料納入後の返金はいたしかねます。ご了承ください。

事前選考のための演奏動画の提出条件は何ですか?

応募者は、最近(24ヶ月以内)撮影された未編集の動画またはコンサート、リサイタルの動画を最大3本まで申込書類と共に提出してください。提出する動画のファイルは、オンラインビデオリンク(YouTube、Vimeoなど)、動画ファイル共有リンク(Google Drive、Microsoft OneDrive、Dropboxなど)、もしくは応募者の演奏(独奏またはオーケストラやアンサンブルとの協奏曲のいずれか)を録画したDVDなどを提出してください。動画は10分から30分以内のものに限ります。動画は高品質かつ編集されていないもので、常に応募者の顔と手がフレーム内にはっきりと写っている必要があります。また、録音の音響品質に影響を与える編集等を行った際には必ず明記してください。

参加したアンサンブルやオーケストラの演奏動画は受け入れ可能ですか?

動画に応募者自身のソロ部分がある場合に限り認めます。

現代の楽曲を演奏した動画で応募することは可能ですか?

できません。動画の演奏作品は、バロック、古典派、ロマン派のいずれかの時代の作品に限ります。

応募後、結果はいつ頃わかりますか?

動画および書類審査の後、遅くとも2022年9月15日(暫定)までに応募者全員に結果を通知します。一次選考を通過した応募者には、ニューヨーク(米国)で行われる予選への招待状が送られ、米国ビザの申請やコンクール現場への登録が可能になります。
なお、米国で行われるコンクールに参加するための渡航書類やビザの取得は、出場者自身で行うものとします。ビザの取得に時間がかかる国にお住まいの場合は、申込書を提出する際にその旨を記載してください。組織委員会は、出場者のビザ申請のスケジュールに合わせて手続きを進められるよう尽力いたします。

指定されている委嘱作品はいつ、どのように受け取ることができますか?

組織委員会は、コンクールの45日前に、選抜された出場者全員に委嘱作品をメールで送付します。なお、演奏は暗譜とします。

規定では、コンクール期間中の一切の画像、テキスト、音声及び映像等の著作物の著作権はすべて新唐人テレビに帰属すると定められていますが、新唐人による音声及び映像の使用等を拒否できますか?

できません。出場者は応募することにより、コンクールの全規定に同意したものとみなされます。同意しない場合、コンクールに参加することは認められません。

コンクール組織委員会は、コンクール期間中の航空券、宿泊施設、練習場所の手配をしてくれますか?

手配はいたしませんが、組織委員会は、本コンクールに出場する資格を持つ全ての出場者に、ニューヨークのホテルと練習室の情報を送ります。

賞金を獲得した場合、出場者の税金は控除されますか?

受賞者の国籍によって異なります。
受賞者が米国市民または永住者である場合、源泉徴収はありません。受賞者はW-9フォームに記入し、新唐人に提出する必要があります。このフォームには、受賞者に1099-Miscを送るためのすべての情報が記載されています。当選者は、アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)にこの収入を報告し、それに応じて所得税を申告する義務があります。
受賞者が米国の非居住外国人または他国民である場合は、W-8フォームの提出が必要となり、賞金には30%の源泉徴収義務が課せられます。
ただし、受取人の居住国が米国と租税条約を締結している場合は、源泉徴収義務が免除される場合があります。

コンクールに関してほかの質問がある場合、どこに問い合わせればよいのでしょうか?

質問や不明点がある場合、以下までお問い合わせください。

◆【米国】新唐人国際ピアノコンクール組織委員会

  • ウェブサイト:https://competitions.ntdtv.com/piano/
  • メール:piano@globalcompetitions.org
  • 電話:1-888-477-9228
  • Fax:1-888-600-1998

日本国内のお問い合わせ窓口

  • ウェブサイト:https://www.epochtimes.jp/piano
  • メール:contact.jp.piano@ntdcompetitions.com
  • 電話:03-6806-8902
  • Fax:03-6730-2861
  • 住所:東京都中央区築地4-3-12 1006号室 株式会社 大紀元内