【私の一枚】夏の鳥 アオバズク

2016/07/07 07:00

 アオバズクは夏鳥です。「フクロウ目フクロウ科」に属しますが、フクロウよりずっと小さく全長は約29㌢です。

 名前の「アオバ」は、「青葉が茂る時期にやってくる」という意味でしょうか。「ズク」は漢字で「木菟(みみずく)」と書き、フクロウの仲間です。

アオバズク
左が親、右の2羽が子どもです。梅雨が開けた頃巣立ちます。(蘭三郎 撮影)

 

 アオバズクは雌雄同色なので、オスとメスの見分けがなかなか難しいのですが、メスは「ホウ ホウ」と、オスは「ホッホッ ホィホッ」と鳴きます。

 木の烏鷺(ウロ)や樹洞に巣を作るので、神社など昔からある大きな木をよく探すと居るかもしれませんね。

(文・蘭三郎)

関連記事
注目記事
^