<寄稿>元気な週刊誌報道は危うい? 報道はそもそも「反社会的」…外務省機密漏洩事件を振り返る

メディアのスクープ話が世の中を動かす。特に最近は「文春砲」など週刊誌メディアの元気が良い。同時に報道のありかたが問われている。国が国民の幸福を奪うことがあったら、ある程度、国家権力の作ったルールを逸脱する「反社会性」を持ち、戦わなければいけない時がある。記者は反社会的な面を持つ職業で、メディアは反社会性を持つ企業なのである。
NEW
トップニュース
注目の話題
地域別トピック
隆起=国土が拡大、いかなる天象か? 硫黄島隆起、西ノ島新島誕生

隆起=国土が拡大、いかなる天象か?

硫黄島の隆起が止まらないと、気象庁が報告

「桃太郎」の雛祭り【季節の便り】

ハイテク時代の春の川を下る桃太郎の桃は「どんぶりこっこ、どんぶらこっこ」とひなびた隠れ里を下り、人知れず大海の淵へと深く呑み込まれて行くのだと言います。

漢字の神秘(8):黨(党)

「黨」(党)は、日本語と同じく、政党、徒党というように、組織や団体、グループの意味で、マイナスの要素を含みます。

書道の醍醐味は「文字をきれいに書く喜び」

毛筆で文字を書いて表現する芸術を、中国では「書法」といい、日本では「書道」と呼んでいます。 つまり日本では、茶道や香道、あるいは各種の武道などと同じく「道」の一字をつけることで、技術ばかりでなく、精神性の高さを求めて、どこまでも精進する道(みち)であることを示しています。

つらい花粉症 食事と小物で上手に乗り切る

今や国民病と呼ばれる「花粉症」。くしゃみと鼻水が止まらず、仕事や勉強に集中できないという人も多いはず。メガネやマスク、帽子などの小物を使った対策や、食事療法をご紹介します。
ライフスタイル