2024年版『防衛白書』発表 台中緊張で日本の防衛力強化の必要性強調

米中間の「戦略競争」と称される覇権争いが激化している中、世界の火薬庫とも称される台湾海峡は、常に武力衝突の脅威が存在する場所だ。7月12日に発表された年度版『日本防衛白書』は、中国が台湾周辺での軍事演習を増やしていることについて初めて警告を発している。また、中国とロシアが日本周辺で行っている共同軍事活動について「深刻な懸念」を表明し、北朝鮮の脅威がこれまでになく大きくなっていることも指摘している。
編集部おすすめ NEW
トップニュース
地域別トピック

孫思邈 「修煉の道 徳を以て本と為す(その一)」

孫思邈(そんしぼう・西暦581年~682年)は隋の前から唐の初期の陝西・西耀の人で、享年102歳でした。彼は7歳で学業を始め、日に千字を暗誦することができ、20歳前後になると、老子、庄子と諸子百家の学説を好んで読み、また、仏教の経典を読むのも好きでした。そんな歴史的有名な大医学者の物語をご紹介いたします。

業力と疫病(2)

明慧ネット上に掲載した「再び疫病神が見えた」の文章の中に、「初めて疫病神を見たのは、2020年2月下旬のある晩、疫病神が疫病を撒き散らし、そして帰る時、私はまた来ると言った」と書かれています。

新卒者だけでなく、誰もが聞くべき卒業式のスピーチ(上)

アメリカでは、大学卒業式でゲストを招いて、新卒にスピーチを行うという伝統があります。

伝統色の奥妙(三)

中国の伝統文化における赤は、現代人が考えるような吉ではないことがよく分かります。
ライフスタイル