トップニュース
地域別トピック

テレビ断ちの驚きの効果! スコットランド男性の体験談

「空想な世界に麻痺するのではなく、自分が望んでいる現実を作ることに時間を費やしたいだ」と41歳のスティーブン・クラーク(Stephen Clarke)さんは本紙「エポックタイムズ」に語りました。

孫思邈 「修煉の道 道徳を以て本と為す(その四)」

孫思邈は中国医学の先駆者として、まばゆくばかりの輝く星のような存在でした。彼が中国の医学史に残した不滅の功績は千余年来、人々に高く評価されて崇拝されてきました。唐太宗・李世民は孫思邈のことを称賛し、「道を切り開いた名医として、三聖に補助し、四季に合わせて心身を調和させ、悪竜猛虎を屈服させ、危険から人々を救った。彼は巍々堂々たる百世の師と為るべし」と言いました。

脳卒中リスクが4.5倍に? 微小プラスチックの脅威

研究結果によれば、マイクロプラスチックは至る所に存在しており、心臓の動脈硬化のプラーク内にも見られることが明らかになっています。これは心臓疾患による健康リスクを大幅に高める要因となります。

孫思邈 「修煉の道 道徳を以て本と為す(その三)」

孫思邈は数え切れないほどの患者の病気を治癒させただけでなく、しっかりと修煉をして医者としての道徳水準も高かったため、竜を治療し、虎を救い、人間だけではなく異なる種類の動物までも助け、その影響力を広く及ぼしたという、神話伝説も数多く残っています。それでは、その一部をご紹介しましょう。

孫思邈 「修煉の道 道徳を以て本と為す(その二)」

唐の貞観年間(627年~649年)、太宗李世民の長孫皇后(ちょうそんこうごう)は、妊娠してすでに10カ月以上になりましたが生まれる兆候がなく、かえって重病を患い、伏して起きられなくなりました。多くの侍医に治療してもらいましたが、病状が一向に好転せず、太宗はこの事で毎日憂うつな顔をして、居ても立っても居られませんでした。大臣の徐茂功の推薦により、民間の医者である孫思邈が皇宮に召されたのです。彼はどうしたのでしょうか?
ライフスタイル