平和か空想か、中東和平の仲介者を目指す中共 ハマスとファタハの調停を目論む

【北京】中国外交部は7月23日(火)、パレスチナの14の各派、特に敵対するハマスとファタハが対立を終結し、暫定的な民族統一政府を樹立することで合意し、「北京宣言」に署名したと発表した。中国は今週、ハマスとファタハの高官を北京に迎え、ガザとヨルダン川西岸での権力争いを長年続けてきたパレスチナの敵対勢力間の分裂を埋める努力を試みた。
今日
トップニュース
地域別トピック
子宮頸がん予防のHPVワクチンに含まれる否定しようのない毒性成分(上) 過去90年間ワクチンに使用されてきた毒素の“強化版”がHPVワクチンに含まれている

子宮頸がん予防のHPVワクチンに含まれる否定しようのない毒性成分(上)

アルミニウムイオンが正常細胞を殺すと、免疫細胞が即座に反応し、ワクチン接種部位にある不審なものを攻撃し始める。つまり、ワクチンに含まれるアルミニウムの毒性レベルは、そのまま抗体産生能力のことでもあるのだ。

怒りは己の最大の敵

中国の武術界では、「一生武術を習っても、心の修練が無ければなにも得られない」ということわざがあります。一流の武術を身につけるためには、心の修練が決め手であり、動作を習うことよりも遥かに難しいと言われています。

中国伝統美徳物語(孝行編)その三「閔子騫は葦の衣を着る」

春秋時代の魯国、閔損(子騫)は幼い頃から継母に冷遇されましたが、彼は文句一つ言わず親孝行に努めました。冬の寒さに耐えながらも父の命を守り続けた彼の姿は、親孝行の大切さとその精神を示す感動的な物語です。

全身性エリテマトーデスの一因を科学者が発見、治療法につながるか

全身性エリテマトーデス患者において、体内で生じる重要な化学誘引物質の不均衡によってより多くの病原性細胞が生成されることが、最近の研究で明らかになった。この化学的不均衡を修正できれば、治療できる可能性があるという。

性別適合手術後に自殺未遂率が倍増: 研究

トランスジェンダーであると自認する人々の自殺未遂率が、膣形成術を受けた後に2倍以上に増加していたことが、学術誌The Journal of Urologyに掲載された査読付き研究で明らかになった。
ライフスタイル