【プレミアム報道】CO2への固執が気温上昇の真因を見落とす、専門家らが指摘(上)

オタワ大学地球環境科学科のイアン・クラーク名誉教授は、「CO2が原因で気温が上昇するのではなく、気温上昇が原因でCO2が排出されるのであり、それ自体は太陽活動によるものだ」との見解を示した。
2024/02/24 Katie Spence

【プレミアム報道】中共が行う「国境を越えた弾圧」(下) 米大学に浸透する中国共産党の汚染

2022年の秋学期、李さんは中国語コースの教材の一部に「党を愛する(中国語のコンテクストの場合、ほとんどは中国共産党を愛することを意味する)」とのフレーズが入っていることに気づいた。
2024/02/21 Terri Wu

【プレミアム報道】中共が行う「国境を越えた弾圧」(中) 大学に巣食う中共関連機関、学生を監視

ボストンに住む民主派学生のゾーイさんは、大学のキャンパス付近に民主化を求めるチラシを貼ったため、他の中国人留学生から「中国の治安当局に君の行動を報告した。国家安全局が中国にいる家族に会いに行くから」と脅迫を受けた。
2024/02/20 Terri Wu

【プレミアム報道】中共が行う「国境を越えた弾圧」(上) 中国人留学生の家族に無慈悲な精神攻撃

「7月上旬、中国国家安全局の係官が私の実家に侵入し、怯える母の目の前で父を連行した。尋問するためだ」。米国の名門・ジョージタウン大学法学部に通う張津睿(ジャン・ジンルイ)さんは2023年12月、中国共産党(中共)による国境を越えた弾圧について告発するため、米国議会の証言台に立った。
2024/02/19 Terri Wu

【プレミアム報道】不法移民野放しの米国、行政の不作為に地元住民が立ち上がる 「混沌とした国になってしまう」

ある日、不法移民があなたの町にやって来る。それも政府が用意したバスに乗って。これが「多様化」の裏に隠された米国の現実だ。行政の不作為に対し、米国民は自助努力を模索している。
2024/02/15 Allan Stein

【プレミアム報道】イスラム過激派の拠点と化すラテンアメリカ 中共の浸透とも深い関係

近年、ラテンアメリカ諸国では左派政権が台頭し、イスラム系テロ組織に有利な土壌が作り出されている。専門家らは、イランの支援を受けるテロリストがより大胆な行動に出ており、ラテンアメリカ地域にとって大きな脅威になっていると指摘した。
2024/02/12 Marcos Schotgues

【プレミアム報道】米報告書、中共の選挙介入手法を暴露 日本も他人事にあらず

中共が2020年米大統領選や台湾総統選に介入していた。2022年に選挙介入の手法を一新し、AIや科学技術を活用した効果的な情報工作を行った。日本の選挙に対する介入を防ぐためにも、中共の行動パターンを知っておくことが大切だ。
2024/02/05 Andrew Thornebrooke

【プレミアム報道】気候アジェンダで見過ごされるグリーンエネルギー廃棄物(下)

多くの人は再生可能エネルギーを唱えているが、壊れたソーラーパネルや風力タービンのブレードの山はどこに行き着くのか?
2024/01/28 Autumn Spredemann

【プレミアム報道】気候アジェンダで見過ごされるグリーンエネルギー廃棄物(上)

多くの人は再生可能エネルギーを唱えているが、壊れたソーラーパネルや風力タービンのブレードの山はどこに行き着くのか?Science Direct誌に掲載された研究は、2030年から2060年の間に廃棄されるパネルの量は980万トンと推定している。
2024/01/28 Autumn Spredemann

【プレミアム報道】トランプ大統領復活を世界秩序への脅威と見なす、ダボス会議のエリートたち(下)

トランプ氏の予備選での記録的勝利を受け、世界の指導者らに不安が広がっている。アルゼンチンのミレイ大統領は今年のダボス会議で、以前のトランプ大統領と同様に、西側諸国における社会主義の蔓延に警鐘を鳴らした。
2024/01/26 Emel Akan

【プレミアム報道】トランプ大統領復活を世界秩序への脅威と見なす、ダボス会議のエリートたち(上)

一部のオブザーバーによると、15〜19日にかけて開催されたダボス会議の期間中、世界的なエリートらが一堂に会する夕食会やパーティーでは、トランプ氏の大統領復活の可能性に関する話題で持ちきりだったという。
2024/01/25 Emel Akan

【プレミアム報道】WHOが準備を進める「疾病X」とは何か?(下)

来たるべき「疾病X」の到来に備えて、グローバル組織が世界規模の管理体制を構築しようとしている。世界の指導者らにとって最大の懸念は「偽情報と誤情報」だという。
2024/01/25 Kevin Stocklin

【プレミアム報道】WHOが準備を進める「疾病X」とは何か?(上)

来たるべき「疾病X」の到来に備えて、グローバル組織が世界規模の管理体制を構築しようとしている。様々な種類の新たなワクチンの開発、WHOへの権限の一元化などに、世界の指導者らは焦点を当てている。
2024/01/24 Kevin Stocklin

【プレミアム報道】 米FDA、物議を醸す実験室培養肉を承認

米国はシンガポールに次いで、食用として培養肉を認可している国となった。イタリアは最近、栽培肉を公式に禁止した最初の国になった。
2024/01/22 Patricia Tolson

【プレミアム報道】「石炭火力にとどめ刺す」米富豪が5億ドル寄付、再エネ推進の裏側で何が?(下)

米富豪マイケル・ブルームバーグ氏は今年9月、電力生産を風力と太陽光にシフトし、石炭とガスの火力発電所を閉鎖すべく5億ドルの拠出を約束した。専門家らは、これが破滅への道を切り開くと指摘している。
2023/12/31 Kevin Stocklin

【プレミアム報道】「自由と全体主義の対決」専門家が米中会談を振り返る(下)

フェンタニルの取り締まり、軍事対話の再開、首脳間のホットライン設置。バイデン大統領は、11月の米中会談で「重要な進展があった」としたが、中国共産党政権は約束を守るのだろうか。中国専門家らが振り返る。
2023/12/30 Eva Fu

【プレミアム報道】「石炭火力にとどめ刺す」米富豪が5億ドル寄付、再エネ推進の裏側で何が?(中)

米富豪マイケル・ブルームバーグ氏は今年9月、電力生産を風力と太陽光にシフトし、石炭とガスの火力発電所を閉鎖すべく5億ドルの拠出を約束した。専門家らは、これが破滅への道を切り開くと指摘している。
2023/12/30 Kevin Stocklin

【プレミアム報道】「石炭火力にとどめ刺す」米富豪が5億ドル寄付、再エネ推進の裏側で何が?(上)

米富豪マイケル・ブルームバーグ氏は今年9月、電力生産を風力と太陽光にシフトし、石炭とガスの火力発電所を閉鎖すべく5億ドルの拠出を約束した。専門家らは、これが破滅への道を切り開くと指摘している。
2023/12/29 Kevin Stocklin

【プレミアム報道】「自由と全体主義の対決」専門家が米中会談を振り返る(上)

フェンタニルの取り締まり、軍事対話の再開、首脳間のホットライン設置。バイデン大統領は、11月の米中会談で「重要な進展があった」としたが、中国共産党政権は約束を守るのだろうか。中国専門家らが振り返る。
2023/12/29 Eva Fu

【プレミアム報道】国連によるオンライン上の言論統制計画の内幕(下)

国連が、ネット上の言論を規制し、「虚偽情報」や「陰謀論」を取り締まる計画を発表したことで、言論の自由を擁護する人々や米国の有力議員の間で警戒感が高まっている。
2023/12/10 Alex Newman

【プレミアム報道】国連によるオンライン上の言論統制計画の内幕(上)

国連が、ネット上の言論を規制し、「虚偽情報」や「陰謀論」を取り締まる計画を発表したことで、言論の自由を擁護する人々や米国の有力議員の間で警戒感が高まっている。
2023/12/09 Alex Newman

【プレミアム報道】精神科医、「性格障害の両親によるトランスジェンダー児童の急増」を警告

一部の専門家は、子どもにいわゆる「性別移行」を押し付けるナルシストな親・「代理トランスハウゼン症候群」が、トランスジェンダーの子どもの急増に一因となっている可能性があると指摘。

【独自】「7歳のとき、ユダヤ人を殺すよう教えられた」 亡命パレスチナ人が語るガザ地区の真実

「7歳のとき、ユダヤ人を殺すよう先生に教えられた」。ガザ地区のムスリム家庭に生まれ、12歳でイスラエルに亡命したドール・シャカール氏はエポックタイムズの独占インタビューに応じ、当事者の目線でパレスチナ問題の知られざる一面を語った。
2023/12/03 Oren Shalom

【プレミアム報道】米当局、世界のLGBT運動に41億ドル資金提供 「虹色革命」助長か

米国政府が世界各国のLGBT関連運動に多額の資金提供をしていたことが、エポックタイムズの調査で明らかになった。その額は過去3年間で41億ドルに上る。
2023/11/18 Jackson Elliott

【プレミアム報道】イスラムテロ組織の背後に赤い影 中国共産党は「究極の後ろ盾」

ハマス襲撃後、中国のネットからはイスラエルの国名が表示されなくなった。テロ攻撃を非難しない中共は、ハマスと何か因縁があるのだろうか。
2023/11/11 Eva Fu

【プレミアム報道】在韓中国大使館、外国の芸術公演を妨害 卑劣な浸透工作に懸念広がる

韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は2022年、米国と関係を強化し、中国共産党(中国共産党)に対して強い姿勢をとることを公約に掲げて当選した。米国発の芸術団が中共から妨害を受けるいま、尹大統領の公約は試練に直面している。
2023/11/08 Eva Fu

【プレミアム報道】「どれが本物かわからないほど進化」 ディープフェイク技術が2024年米大統領選挙に与える影響

ディープフェイク検出会社ディープメディアのリジュル・グプタ最高経営責任者(CEO)は「2024年の選挙は、これまでの選挙とは異なる方式の"ディープフェイク選挙"になるだろう」と述べた。グプタ氏は「ディープフェイク技術は以前にも存在したが、人々を騙すには品質が完璧ではなかった。これまで、人々はディープフェイクを見れば偽物であることに気づくことができた」とし、「ディープフェイクの品質は日々発展し続けている
2023/11/05 Chase Smith

【プレミアム報道】地味だが「敵なし」 米ジョンソン下院議長を知る30のポイント

ほとんど無名に近いジョンソン議員はいかにして議長の座を手に入れたのか。注目すべき政治的立場とトランプ氏との関係とは。