はびこる中国共産党スパイ、別件逮捕にも限界 法整備急がれる

欧米諸国を中心に中共スパイの摘発が進むなか、日本でなかなか反スパイ法が制定されない現状について、前衆議院議員の長尾敬氏は、従来の別件逮捕による摘発は「拘束力に一定の限界がある」と指摘した。
編集部おすすめ 今日
トップニュース
注目の話題
地域別トピック
朝コーヒーよりリフレッシュ効果の高い飲み物は? 元気でいるために、必要なものを知り、選び取りましょう。

朝コーヒーよりリフレッシュ効果の高い飲み物は?

現代人の生活の中で、コーヒーやお茶はすでに欠かせないものとなっています。特に仕事中に傍にあると、幸せな気分とともに作業もはかどります。

漢字の神秘(6):家

家という意味を表す「宀」と、豚を表す「豕」で、古代中国における「家」を容易に想像できるでしょう。

西方極楽世界遊記 (上)【未解決ミステリー】

1967年旧暦10月25日、福建省の麦斜岩寺の住職・寬淨法師は突如姿を消しました。最終的に救助隊まで出動しましたが、その姿はどこにもありませんでした。法師の行方が謎めいたまま、6、7年過ぎ、ある日、何の前触れもなく、法師は再び姿を現したのです。では、この期間中、寬淨法師はいったいどこに居たのでしょうか?

高市大臣が語る日本の核融合戦略

これが成功すれば、1840年以降の石油をもとにした第二次産業革命に続く第三次産業革命となり、世界の仕組みを変えるような変革をもたらすと言われている。 核融合の場合、ウラン、プルトニウムも必要ない。ゆえに放射能も出ない。海の中に無尽蔵にある重水素と三重水素が材料という。

高智晟著『神とともに戦う』(86)権利を護りぬいた軌跡「この政権の敵は他でもない」(5)

老いた田宝成さんの連れ合いの張翠平さんも数年来、ずっと上海市政府による非人道的な迫害を受け続けてきた。ここでは証言のごく一部を、下記の通りに抜粋した。 「ある日、魯世玉、施有才
ライフスタイル