中国、マンション管理費の値下げ要求ブーム巻き起こる

重慶市内の数百の団地やマンションで「管理費値下げ」を求める声。
2024/07/19 李凌

三中全会閉幕、国家安全を強調 具体策欠如の政策目標再確認=中国

中国共産党(中共)第20期中央委員会第3回全体会議(三中全会)は18日に閉幕した。今回の会議は、経済危機の中で国内外から大きな注目を集めた。特に税制改革など具体的な民生改善策への期待が高かったが、発表された公報は抽象的な政策目標の再確認にとどまり、具体的な実行細目が欠如していた。
2024/07/19 徐天睿

【動画あり】中国四川省のデパートで火災 16人死亡

中国四川省のデパート火災、16人死亡。
2024/07/19 李凌

中共、ネット検閲ソフト開発者に厳罰 米国務省が懸念

米国務省は6月26日に発表した「信仰の自由に関する国際報告書」で、上海市の法輪功学習者である何冰鋼氏と張軼博氏が、中共のインターネット検閲を突破するソフトウェアの開発に関与したとして中共により厳罰を受けた事例を取り上げた。
2024/07/18 喬松

北京市、小中学校の海外教材使用を再度禁止

北京市は最近、「北京市小中学校教材選定実施細則」を発表し、義務教育学校が海外教材を使用することを禁止し、普通高校も原則として海外教材の使用を禁止すると規定した。過去数年にわたり、中共国務院と教育部は同様の要求を頻繁に発してきた。かつて中国の大学で教鞭を取った専門家は、これは中共が学生への洗脳が効果を持たず、人々を制御できないことを恐れていることを反映していると述べている。
2024/07/18 寧海鐘、駱亞

絶望する中国人、僅かな希望にすがる

中共の第20回三中全会が北京で開催されている最中、党魁・習近平が転倒したという噂が急速に広がっている。7月16日の夜から、海外のソーシャルメディアで「習近平が転倒した」との話が飛び交い、真偽を問う声が多く見られた。時事評論家の陳破空氏は、「この二日間、官媒の三中全会に関する報道が非常に少ない。15日の開幕日に簡単な報道があっただけで、その後は全く情報が出ていない。これは三中全会が非公開で行われるためかもしれないが、疑念を呼ぶ状況だ」と指摘している。現在、この噂の真偽は明らかではない。
2024/07/18 韩梅

三中全会に漂う異様な空気 記念記事が削除され、習近平の健康問題が噂される

中共第20回三中全会が7月15日に開幕し、その異様な雰囲気が注目されている。本来ならばメディアが活発に報道するはずのこの時期、情報封鎖により外界は習近平を称賛する記事しか見られなかった。しかし、その記事はわずか2日後に削除され、民間では様々な噂が飛び交っている。
2024/07/18 徐天睿

【動画あり】中国で深夜にゴミ拾いする尿毒症の少年13歳

「自分を置いて家を出て行った母親」に理解を示す13歳の末期病の子
2024/07/18 李凌

中国の銀行 振込限度額が「約1万円」に引き下げ? 国民は怒り

中国の一部の銀行預金者の「1日のオンライン送金限度額」が約1万円に引き下げられた。
2024/07/18 李凌

「賛美一色」と「厳戒態勢」の対比、中国共産党「三中全会」の現実とは?

【北京発】中国共産党第20期中央委員会第3回全体会議(三中全会)が北京の京西ホテルで開かれている。会議が始まった15日、北京市内ではドローンの飛行が禁止され、景曦ホテル周辺では厳重な警備が行われた。北京市に住む反体制派の人々は軟禁されるか強制的に旅行に送り出され、陳情を行おうとする人々の北京入りも阻止されたと、RFAが報じた。 「賛美一色」と「厳戒態勢」の対比:中国共産党三中全会の現実
2024/07/17 徐天睿

中国、ドーピングの影に揺れる選手団 ネット民は五輪よりも食品安全に注目

2024年パリオリンピックが目前に迫り、中国スポーツ代表団が北京で結成された。中共の国営通信社、新華社の報道によると、代表団の総人数は700人以上で、そのうち405人が選手である。中国政府は卓球や飛び込み競技で全ての金メダルを獲得することを期待している。しかし、特に水泳競技におけるドーピング問題の影が中国チームに重くのしかかっている。この状況下で、ネット民の関心は金メダルよりも食品安全問題に移っている。
2024/07/17 徐天睿

三中全会を前に「ゴミの時間」という言葉が流行、中共は反論

中国共産党の長期的な経済政策などの方針を決める重要会議、三中全会の開催が間近に迫る中、中国では「歴史のゴミの時間」という言葉が広まり、共産党系メディアがこれに対して反論を行っている。この流行は一体何を意味しているのだろうか? 
2024/07/16 新唐人テレビ

中国で若者向け老人ホームがブームに

今年、若者をターゲットにした老人ホームが中国の浙江、雲南、重慶、合肥などで急激に人気を集めている。ストレスから解放されたい多くの若者が、このような施設を訪れて「躺平」、つまりゆったりとした生活を満喫している。専門家たちは、若者たちの心理状態が現在の経済状況に左右されており、それが経済にも影響を及ぼしていると警鐘を鳴らしている。
2024/07/16 新唐人テレビ

「陳情者を阻止せよ」 今年も重要会議前の北京で厳戒態勢

今年も、重要会議の開催を控える北京で、陳情民排除の動きが目立つ。
2024/07/14 李凌

中国駐米総領事館が抗議者を襲撃 民主活動団体が抗議声明発表

7月9日(現地時間)、中国民主党全国連合本部(海外)副主席の王永紅氏が、四名の訪民と共にニューヨークの中国駐米総領事館前で抗議を行った際、領事館の保安に襲撃され、頭部を負傷する事件が発生した。中国民主党全国連合本部(海外)は声明を発表し、この事件を強く非難した。
2024/07/12 林丹

中国民主運動家・劉暁波氏の八周忌 未亡人は日本滞在へ

今週13日(土曜日)は、中国の民主運動家である劉暁波の命日である。彼は2010年に獄中でノーベル平和賞を受賞したが、7年前、中国・沈阳で肝癌の治療が遅れたために亡くなった。劉暁波氏の未亡人である劉霞さんがドイツから日本に移住し、長期的に居住する計画があるという。関係者によれば、日本の私立大学が劉霞さんを研究員として招聘し、日本政府が「文化活動」在留資格のビザを発給した。彼女は関西地区で生活する予定である。
2024/07/12 徐天睿

アメリカの法律事務所が中国本土からの撤退を加速 シンガポールに移転も視野

米国の法律事務所が、中国本土からの撤退を急いでいる。資本市場の悪化、構造的な経済問題、地政学的な緊張など、経営環境の悪化がその要因とされる。中国法務部の統計によると、外国法律事務所の中国事務所の数は2017年以降減少傾向にある。2022年末までに205件に減少し、現在はさらに減少していると推測される。
2024/07/12 徐天睿

【世論調査】中国の国際イメージが悪化 特に近隣国と富裕国で

米国の著名な世論調査機関、ピュー研究所(Pew Research Center)が7月9日(現地時間)に発表した世論調査によると、中国(中国共産党)の国際イメージは特に高所得国とインド太平洋地域の近隣国で悪化していることが明らかになった。調査では、対象となった18の高所得国のうち15カ国が中国共産党に対して否定的な見方をしていることが判明した。特に欧米地域では、スウェーデン(82%否定的)と米国(81%否定的)が中国共産党に対する否定的な見方の上位を占めた。
2024/07/12 王君宜

アメリカの対ロシア制裁で支払い困難  ロシアの中国車輸入が阻害

ロシアがウクライナに侵攻して以来、西側諸国はロシアに対して一連の制裁を課してきた。ロシアは国際的なSWIFTシステムから排除された後、中国との貿易に依存し、人民元で決済してきた。しかし、米国の二次制裁の影響でロシアは人民元への依存をさらに進めることができず、支払い問題によりロシアの中国製自動車の輸入が阻害されている。
2024/07/12 夏雨

中国のリチウム電池価格、原材料価格の下落と過剰生産で半減

中国産のバッテリー価格が原材料価格の下落と過剰生産の影響で急落し、その影響が世界の電気自動車市場にも広がっている。ブルームバーグ通信によると、過去1年間で中国のリチウム鉄リン酸(LFP)電池セルの価格は、キロワット時(kWh)あたり平均53ドルと51%下落した。同期間の世界平均価格は1kWhあたり95ドルで、中国の平均価格のほぼ2倍に達している。
2024/07/11 徐天睿

日本の「失われた30年」の後を追うのか? 中国の未来

中国共産党(中共)の三中全会が迫る中、多くの人々が中国経済の将来と中共の経済政策実行能力に注目している。この二つの要素は密接に関連している。中国経済の将来については、「中国経済は頂点に達したのか?」と「中国経済は日本のように30年間停滞するのか?」という二つの議論がある。
2024/07/11 王赫

米 ジョンソン下院議長、中国共産政権に対抗するための立法パッケージを推進

米国下院議長のマイク・ジョンソン氏(共和党、ルイジアナ州)は、今年中に中国共産政権を標的とする重要な立法パッケージを議会で可決させたいと述べた。ジョンソン氏は、7月8日にハドソン研究所で行った初の主要な外交政策演説で、「中国は世界平和に対する最大の脅威だ。議会はあらゆる手段を駆使して中国に対抗することに焦点を当て続けなければならない」と述べた。

バルコニー落下、吉林省遼源市の集合住宅、中国のあちこちで

中国の住宅ビルで複数の階のバルコニーが落下。
2024/07/11 李凌

イノベーションできない中共の理由とは

中国は急速に成長し、世界最大級の経済規模を誇るまでに発展した。AI関連の特許出願数で世界をリードし、最先端技術を生み出している。しかし、中国経済が真にイノベーションを遂げているかどうかという疑問には一筋縄では答えられない。
2024/07/10 Christopher Balding

中国共産党の赤旗を大英博物館に持ち込み批判殺到

最近、中国のソーシャルメディアで広く共有されたビデオが多くの注目を集めた。ある中国人ネットユーザーが大英博物館を訪れた際、中国国旗を持っていたため、スタッフに制止され、国旗をしまわなければ退館させられると言われたという。このニュースは中国のメディアやソーシャルプラットフォームで急速に拡散し、多くの議論と怒りを引き起こした。
2024/07/09 徐天睿

中国若者の「リベンジ貯金」は誰への復讐?

中国の若い人は消費せず、銀行に貯金している。一部のメディアは「リベンジ貯金」という理解しがたい言葉を使ってこの現象を説明している。貯金が非理性的で報復的な行為であるというのは、どう考えても納得し難い。
2024/07/09 謝田

中国、国連会議で西側の人権改善勧告を拒否

【ジュネーブ発】中国は、スイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会の会議で、西側諸国が主導する人権改善勧告を拒否した。勧告には、香港や新疆ウイグル族の自由拡大が含まれていた。今月4日(現地時間)の会議では、中国の人権改善努力に関する審査が行われた。この審査は、2022年に国連が発表した「中国新疆地域のウイグル族およびムスリムの拘束が人道に対する犯罪に該当する可能性がある」とする報告書に基づいている。
2024/07/06 徐天睿