THE EPOCH TIMES
最新技術

3Dプリント住宅 わずか24時間、42万円で完成 

2018年03月19日 23時36分

起工からマイホーム入居までの数カ月間は、とても待ち遠しく感じるもの。ところが、新しい家具、家電、ホームデコまであなたに新生活準備の時間を与えてくれないほど、あっという間に家が出来てしまっているかもしれません。そう、たった一日で、家が建つ時代がきました。3Dプリンターを使えば可能です。

3月12日、シリコンバレーを拠点とする困窮地域の住宅支援慈善団体「ニューストーリー」と、テキサス州オースティンにあるロボット工学会社「アイコン(ICON)」が、3Dプリンタを使った試験住宅を、オースティンに完成させました。

74平方メートル(約22坪)の住宅の「印刷」には12~24時間、費用は4000米ドル(約42万円)と驚くほど早く、格安です。

これまでの3Dプリント住宅と異なる点は、ICONによる設計図どおりにコンクリートを吐き出す専用機器は、移動可能で、屋外での印刷作業や、悪天候、時折の停電にも耐えうる耐久性を備えていることです。

この3Dプリント住宅は、ハイチやエルサルバドルのような発展途上国の人々に向けて開発されました。

英語メディア・ファストカンパニー12日付けの報道によると、ニューストーリーは2010年の地震災害後、エルサルバドルで低コストかつ迅速に住宅を建設することに尽力してきました。しかし、従来のブロックを積み重ねる建築方法では、耐震性に問題がありました。調査や研究を重ねた結果、3Dプリンタ技術にたどり着きました。

ニューストーリーによると、19年までに、エルサルバドルでの住宅建設計画を完了させ、さらに建築技術に発展させて他国の非営利団体、政府、民間組織の依頼にも応えたいとしています。

3Dプリンタ技術それ自身が発表された当時、第2時産業革命の到来と叫ばれてきました。建築部門の技術者たちも相次ぎ、3Dプリンタ技術を取り入れました。

13年に、3Dプリンタ建設の世界的先駆とされる中国の建設会社・盈創(英名WinSun)は、専用施設の中で3Dプリンタ印刷された住宅パーツを組み合わせて、1日に10棟の住宅を建てることに成功しました。同社は6階建てのアパートや中国南部の伝統的建造物を模した建物も作っており、最近では、ドナルド・トランプ大統領によるメキシコ国境の壁の建設を請け負うことにも手をあげました。

ロシアの会社アピス・コー(Apis Cor)もまた17年9月、小型の住宅を、屋外で建設することに成功しました。単身か2人暮らし向けとなる38平方メートル(約12坪)の家は、費用1万米ドル(約105万円)、24時間以内に作られました。アピス・コーはニューストーリーと同様に、その技術が貧困地域の住宅不足に繋がる活動に取り組んでいます。

英メディア・クオーツによると、ニューストーリーの創業者アレクサンドリア・ラフチ(Alexandria Lafci)氏は、米国での住宅建築にも準備も進めていると言う。

曲線や大きさも自由な建築用3Dプリンタが、どこへでも運搬できるのであれば、建設困難な地域にも住宅を作ることができそうです。

(編集・甲斐天海)

関連キーワード
^