国連人権報告書:中国警察による幼女連れ去り

2005/08/08 18:06
 【大紀元日本8月8日】法輪功人権組織(FLG Human Rights)によると、2005年、国連経済社会理事会の人権委員会が公表した「拷問及び拘禁問題を含む、公民権及び政治的権利に関する報告書」は、2004年中国で発生した拷問及び残酷、非人道的、品位を傷つける扱い又は刑罰の状況に言及し、その中で、中国の警察が正当な手続を経ることなく4歳の女の子・張縁園ちゃんを連れ去った事例を挙げている。

 当報告によると、2004年6月10日に、国連「拷問問題」、「幼児人身売買問題、児童買春問題と児童ボルノ問題」および「婦女に対する暴力問題」の調査報告を担当する複数の特別担当官は、連名で中国政府に書簡を送り、警察による4歳の張縁園ちゃんの連れ去りに関する報告を受けた事実を中国政府に通知した。

 当報告の記述によると、2004年1月1日、重慶市潼南県梓潼鎮の警察官4人(1人の名前が国連により確認ができている)が、保護者に告げることなく、4歳の張縁園ちゃんを自宅から強制的に連れ去った。当時張縁園ちゃんの両親は、法輪功を修練していることを理由として、中国当局に身柄を拘束されていた。2002年2月、父親の張洪旭さんは、西山坪労働矯正施設に収監され、数々の残酷な拷問に耐えつづけ、鼻の骨と歯が折れ、肋骨も負傷していた。国連が中国側に書簡を出した時点では、張洪旭さんは依然として収監されており、しかも収監場所が変更され、行方不明になっていた。2003年12月23日、母親の呉詠梅さんも身柄を拘束され、同じく残酷な拷問を耐える日々が続き、抗議のためのハンスト54日目に、ようやく釈放された。釈放後、呉詠梅さんは必死に娘の張縁園ちゃんを探し続けたが、消息は依然つかめておらず、幼児の人身売買が横行する中国において、母親は不安を募らせている。

関連記事
注目記事
^