天津:臓器移植手術が激増、証拠隠滅のための大量虐殺の可能性も

2006/04/08 11:16
 【大紀元日本4月8日】法輪功への集団迫害を調査する国際組織「追査国際」は、大型の秘密収容所に法輪功学習者を監禁し、学習者の生体から臓器が摘出されている事件について、匿名の手紙を受け取った。内容は、天津の病院内の様子や臓器移植の患者の宿泊先などが詳細に書かれている。

 全文は次のとおり。

*******************************************

 国際民間組織「追査国際」御中:

 貴組織の調査のため、中国における臓器移植に関する情報を提供する。

 情報筋によると、天津にある天津第一中心病院は最近、肝臓や腎臓移植を希望する外国人を大勢受け入れている。全ての臓器移植手術は、夜中に行われている。手術室は、病院の11階と12階にあり、TICU(移植集中治療室)は6階、入院病棟は4階と7階にある。

 これは、非常に深刻、且つ緊急を要する事態である。一体どのようにすれば、それら大量の腎臓や肝臓を提供するドナーが短期間でみつかるだろうか?私たちは、それら臓器が、蘇家屯の大型秘密収容所に残る法輪功学習者たちからのものではないかと疑っている。

 私たちは、国連人権委員会の拷問問題特別調査官マンフレッド・ノーワック氏と、国際民間組織「追査国際」に対し、緊急にこの病院を調査し、中国共産党が蘇家屯の大型秘密収容所の証拠を隠滅するため、集中的に収容者を虐殺している事態を直ちに停止させること要求する。更に、追査国際に対し、臓器調達部の沈部長(Sheng Zhongyang)を調査する事を強く希望する。天津第一中心病院へ臓器移植に来る全ての患者は、下記のホテルに宿泊している:

 華夏賓館 :3階、4階、5階、6階

 天財賓館:24階、25階

 天津第一中心病院
 住所:天津市南開区復康路(王頂堤立交橋)
 Website: http://www.tj-fch.com
 Tel: 86-22-23626600 (代表番号)
 Tel: 86-22-24042815 (東病棟)
 Fax: 86-22-23626199

*******************************************

 国際民間組織「追査国際」:

 電話: (01) 617-325-3481
 Fax: (01) 617-325-8729
 北アメリカ・レポート・ホットライン: 1-866-RECTIFT (732-8439)
 ホームページ:英語または中国語 (http://www.zhuichaguoji.org/)
 P.O. Box: 365506, Hyde Park, MA, USA 02136

関連特集

関連記事
注目記事
^