印刷版   

米ネバダ州で震度6・3の地震発生

 【大紀元日本2月24日】米国ネバダ州ウェルズで21日午前6時ごろ、震度6・3の地震が発生した。およそ700棟の住居が被害を受けたが幸い3人が軽傷を負っただけで、死者はなかった。

 ウェルズ(Wells)はネバダ州東北部93号線及び80号線のハイウェイにまたがる人口1600人の小さな町で、このような規模の地震は最近150年の歴史の中で発生したことがないそうだ。

 地震の影響で、現在この街は閉鎖されており、また93号線の一部も地震による被害のため閉鎖されている。

 町の中心にある6,70年代に建てられた建物は深刻な被害を受け、数棟は完全に倒壊。地震発生当日、現場に駆け付けた州長のギボンス氏は、地震発生が早朝で幸いだった、もし街路が賑やかになって来る時間だったらもっと多くの死傷者が出ただろうと話していた。

 21日の晩、約40戸の住民は赤十字が用意した仮設住宅で夜を過ごした。

 アイダホ州北部、ユタ州及び南カリフォルニア州の一部地域でも揺れを感じ、揺れの後30回以上の余震が発生したという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/02/24 23:37)  





■関連文章
  • セルビアの米国大使館襲撃で、1人の焼死体発見=米政府高官(08/02/22)
  • 【神韻芸術】米国の友人に勧められて鑑賞、「中国人としての誇り」感じる(08/02/21)
  • 米墨国境地区で地震(08/02/21)
  • 震度7・5の地震発生3人死亡25人負傷=インドネシア(08/02/21)
  • 米国、まだリセッションに陥っていないが「その瀬戸際」=前FRB議長(08/02/15)
  • 米国のミツバチ大量死、穀類など農作物に影響のおそれ(08/02/15)
  • シカゴ近郊の大学での乱射事件、犯人含め5人死亡=CNN(08/02/15)
  • 米南部で竜巻や雷雨、少なくとも45人死亡・150人以上負傷(08/02/07)
  • 米国人800万人、バレンタインデーに自分に贈り物(08/02/06)
  • 正当性の点では、買収防衛策発動の条件整う=サッポロHD特別委(08/02/05)
  • パキスタン総選挙、公正な選挙実現に向け努力=米国務次官補(08/01/30)
  • サブプライム問題の米実体経済への打撃はこれから=大田担当相(08/01/28)
  • 米経済、著しいリスクに直面=ルービン元財務長官(08/01/24)
  • 米国株式市場は続落、緊急利下げで金融株は高い(08/01/23)
  • 米国の反ダンピング制度に対する日本の報復措置で、WTOの仲裁手続き入り(08/01/22)