印刷版   

昨年5,6月、太湖でアオコが大発生した様子

太湖でアオコの発生始まる=中国江蘇省

 【大紀元日本4月19日】重慶晨報によれば、昨年5月末に中国江蘇省南部に位置する無錫市の太湖で大発生したアオコが今年は4月初旬に発生し始めているという。現在すでに、太湖西部と南部では広範囲にわたりアオコが発生しているという。

 太湖の水質酸化レベルは「中度」。加えて気温や水の流動が緩やかであるため、藻類の生長する好条件が揃ってしまったようだ。

 太湖流域管理局の林澤新副局長は、太湖の汚染処理作業は5年連続しているが、ひどい場合はもっと長くかかるだろうと話している。

 また、昆明の有名な観光地「滇池(テンチー)は近年、雲南九大高原明珠の中でアオコの被害が深刻な湖の一つだが、1993年から今までに50億元を費やし汚染処理を行っているという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/04/19 21:09)  





■関連文章
  • 鳥インフルエンザ、ヒトーヒトへの感染確認=中国江蘇省(08/04/09)
  • 広州:龍花湖でアオコが大発生(08/03/09)
  • 煮るとカスになる偽牛肉押収=中国江蘇省(08/02/04)
  • 中国江蘇省で2人目の鳥インフルエンザ感染者(07/12/09)
  • 男性が鳥インフルエンザ感染死=中国江蘇省(07/12/08)
  • 三千年前の呉国の城、江蘇省で発見(07/10/24)
  • 中国江蘇省:高さ1キロの黒い水竜巻(07/09/16)
  • 中国の環境汚染、危険の臨界点に達する=中国当局(07/08/21)
  • 「太湖の護衛者」呉立紅氏、3年の実刑判決(07/08/14)
  • 中国江蘇省:危険物積載車が転覆(07/07/23)
  • 中国各主要湖に続き、長春市の水源地も、藍藻大量繁殖(07/07/19)
  • 中国江蘇省無錫:豪雨後、緑色の海に(07/07/09)
  • 化学廃水汚染、断水続き20万人に影響=中国江蘇省(07/07/05)
  •  中国雲南省:「高原の真珠」滇池でも、藍藻が大量発生 (07/06/27)
  • 写真報道:長江の武漢流域、大量の藍藻が発生(07/06/05)