大紀元時報

親孝行の第一人者

2021年04月02日 17時00分

 舜(しゅん)、旧名重華という人がいました。父親の瞽叟は盲人で、継母は男の子の象を産みました。象は両親と同じように舜に非常に残酷でした。父瞽叟は象を可愛がり、常に舜を殺したいと思っていました。

 ある時、父親は舜に倉の高いところの修理をさせ、そして倉の下から火をつけました。舜は二つの笠で身をまもり、羽があるかのように飛び降りて逃げました。

 またある時、父親は舜に井戸を掘らせましたが、舜は井戸の左側の壁に隠し通路を作っておきました。舜が深いところで掘っていた時、父親は象と一緒に土を流し込み井戸を埋めようとしました。舜は隠し通路を通って逃げました。

 父親と象は舜が死んだものと思いとても喜び、その後すぐに舜の財産を分割し始めようとしました。しかしその後舜は帰ってきて、以前と同じように親孝行し、弟のことをおもいやり、より慎ましく仕事に励ました。

 父親と象は舜を殺したいと思ったときには、舜を見つけることができませんでしたが、用事があるときには舜がいつもそばで仕えていました。

 舜は二十歳のときから、孝行息子として世の中によく知られていました。舜が黃河岸で陶器をつくると不良品が全くなく、歷⼭で耕作するとそこの人たちが彼に農地を譲り、雷澤で魚を捕る時にはみんなが彼に魚を捕りやすい場所を譲りました。 三年間の苦労の結果、彼の住む所は大きな都市に変わりました。

舜が三十歳のとき、堯(ぎょう)帝は、2人の娘を嫁がせ彼が家での言動を観察しました。また、9人の息子を彼と一緒に行動させ彼の外での人柄を観察しました。

舜は61歳の時、堯の後を継いで王位につきました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
" async> %>
^