大紀元時報

【歌の手帳】船はとどめむ

2021年7月2日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

夏麻(なつそ)引く海上潟(うなかみがた)の沖つ洲(す)に船はとどめむさ夜(よ)ふけにけり(万葉集

歌意「海岸から離れた沖合の洲に、今日は船を停泊させよう。もう夜も更けてしまった」。

万葉集』の「東歌(あずまうた)」の一首。今の千葉県にあたる、上総(かずさ)の国の歌です。その上総には、太平洋に面した外洋である九十九里浜と、東京湾に囲まれた内海という二つの海がありますが、さて表題の一首で、この船はどちらの海に停泊したのでしょうか。

これは東京湾のほうですね。おそらくは満天の星の下で、名も知れぬ海人が、今宵の船をとどめて一夜を過ごす。そんな沖の洲は、波静かな内海でなければなりません。

その光景を想像しただけで、たまらない東歌の魅力を感じます。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^