スマホの容量不足!簡単に空き容量を増やす5つの方法

2016/07/22 09:00

 スマートフォンは、写真や動画を撮影したり、いろんな便利なアプリをダウンロードしたり、レシピを調べたり、地図をナビのかわりに使ったりと、日常には欠かせないツールです。気づいたら容量不足で動作が遅くて困る、写真や動画が撮影できなくなった、アプリがダウンロードできなくなったといった経験ありませんか?そんな悩みを解決できたら…なんて思いますよね。そんなあなたに今すぐできる、スマートフォンの容量を増やす5つの方法をご紹介します。

 1. 不必要な書類を削除

 長い間使っていないアプリやファイル、ゲームをそのままにするのはもったいない!すぐ削除しましょう。

 iPhoneでのアプリの削除方法:

 【設定】>【一般】>【ストレージとiCloudの使用状況】>【ストレージを管理】を開きます。そこから削除したいものを選んで、【Appを削除】をタッチするとアプリを削除できます。他にもホームからアプリを長押しし、削除したいアプリのバツマークをタッチすると削除できます。

 Androidでのアプリの削除方法:

 【設定】>【アプリケーション】>【アプリケーションの管理】を開くと、そこから不要なアプリを削除できます。

 2.メモリーカードを挿入

 Androidユーザーに限りますが、メモリーカードはスマートフォンの容量を増やすことができます。市販の16GBのメモリーカードは、安いもので800円から買うことができます。

 3. Wi-Fi対応のハードディスク

 Wi-Fi対応のハードディスクなら、Wi-Fiを使ってデーターをハードディスクに転送できます。音楽や動画のファイルを再生するときも、スマートフォンに送る必要はなく、ハードディスクに保存したままスマートフォン上で再生することができます。その他にも、スマートフォンのデータをハードディスクに送り、バックアップすることもできます。スマートフォンをなくしたり、故障してもデーターがなくなることを心配する必要もありません。一部の製品は、予備電源の機能を搭載するものもあります。

 4. ストリーミングサービス

 映画やドラマをスマートフォンで見る場合、ダウンロードせず、ストリーミングサービスで映画を見るようにすると、スマートフォンの容量を節約することができます。Netflix、Hulu Plus、Pandoraなど、ストリーミングサービスの使用をお勧めします。

 5. クラウドサービス

 インターネットさえ繋がれば、ネット上にデーターを保存できるという利便性から、多くの人が使っています。例えば、Google Drive、OneDrive、iCloud、Dropboxなどです。専用のアプリもあり、スマートフォンにアプリをダウンロードし、設定するだけで写真や動画を自動的にネット上に保存でき、その他のファイルもアプリから手動で保存できます。

(翻訳編集・張ミョウ)

関連記事
注目記事
^