Nogamiの旅日記 花の楽園ーあしかがフラワーパーク(上)

2017年05月12日 06時00分

 今回は栃木県のあしかがフラワーパークを尋ねました。94,000㎡の敷地面積を埋めつくすかのように植えられた花は、まるで花の楽園のようです。

 その中の一番の目玉は樹齢150年の大藤で、600畳敷の大藤棚が3面あります。大藤4本と80mにおよぶ白藤のトンネルは栃木県天然記念物に指定されていて、この美しさはアメリカCNNの「世界の夢の旅行先10カ所」に選出されるほどです。4月中旬から5月中旬の一カ月が藤の見頃となります。 

 正門から入るとまず、うす紅藤の棚があります。

うす紅藤の棚(撮影 Nogami)

 

うす紅藤の棚(撮影 Nogami)

 

 大藤に近づくにつれて花の香は心地よく、しっかりとした淡い香に心がほっとします。うすべに藤、むらさき藤、白藤、きばな藤と4種類ありますが、今回きばな藤と白藤はまだ咲いておらず写真に収めることができませんでした。ここの大藤は昔早川農園で育てられていましたが、町の再開発計画で大藤を別の場所に移転しなければならなくなり、1994年5月から延べ2000人もの人の手によって大藤は移動、養生され、開園まで3年間かかったそうです。移植された藤は当時より10倍以上の枝振りに成長し、600畳敷を超える大きさになり今も枝を広げ続けています。

 

大藤(撮影 Nogami)

 

大藤(撮影 Nogami)

 

大藤(撮影 Nogami)

 

大藤(撮影 Nogami)

 

 夜のライトアップは一段と大藤の存在感を引き立たせます。写真では照明の関係で薄紅色に映ります。

 

大藤(撮影 Nogami)

 

大藤(撮影 Nogami)

 

大藤(撮影 Nogami)

 

大藤(撮影 Nogami)

 

(文 Nogami)

 

関連キーワード

関連特集

^