情熱的で大胆な動き

タンゴを踊る希少な鳥 パタゴニアカイツブリ

2017年09月26日 07時00分

 アルゼンチンに生息する希少な鳥、パタゴニアカイツブリ(hooded grebe)をご存知ですか?オスとメスがカップルになる際の求愛ダンスは、情熱的なアルゼンチンタンゴそのものです。

 南アメリカ南部の湖に生息しているパタゴニアカイツブリは、1974年に初めてアルゼンチンで発見されました。しかし、アメリカミンクやニジマスなど、他から移動してきた外来種生物が増加したことや、気候の変化によって水域の枯渇が生じ、パタゴニアカイツブリが生息するための条件に脅威が生じました。そのため、ここ25年間で減少し続けていました。

 2012年、国際自然保護連合(International Union for the Conservation of Nature/IUCN)はパタゴニアカイツブリを「絶滅寸前」と認定。現在、野生のパタゴニアカイツブリは僅か1000羽です。

 パタゴニアカイツブリ特有の求愛ダンスは奇妙ですが、彼らにとっては子孫を残すための大事な儀式なのです。

(翻訳編集・豊山)

 

関連キーワード

関連特集

^