THE EPOCH TIMES
平昌オリンピック

【写真】スピードスケート女子団体パシュート 五輪新記録で金メダル

2018年02月21日 22時35分

2月21日、平昌冬季オリンピック13日目にスピードスケート女子団体パシュートが行われ、日本チームの高木菜那、高木美帆、菊池彩花、佐藤綾乃の4人の選手がオランダに勝ち、金メダルを獲得した。2分53秒89で五輪新記録を打ち出した。

日本はこの種目で初めての金メダル。今大会での日本勢のメダル獲得数は合計11個となり、過去最高を更新した。

高木美帆選手は1大会で金、銀、銅の各色メダルを獲得する偉業を達成した。

平昌オリンピック13日目スピードスケート女子団体パシュートで、日本チームが五輪記録を打ち出し、金メダルを獲得した(ROBERTO SCHMIDT/AFP/Getty Images)
平昌オリンピック13日目スピードスケート女子団体パシュートで、日本チームが五輪記録を打ち出し、金メダルを獲得した(ROBERTO SCHMIDT/AFP/Getty Images)
平昌オリンピック13日目スピードスケート女子団体パシュートで、日本チームが五輪記録を打ち出し、金メダルを獲得した(ROBERTO SCHMIDT/AFP/Getty Images)

(編集・甲斐天海)

関連キーワード

関連特集

^