副首相緊急帰国理由、北京が不満を後から裏付け

2005/05/24 12:02
 【大紀元日本5月24日】23日小泉首相との会談を中止、緊急公用という理由で帰国した呉儀副首相は、同日午後中国大連で入国したことが当日夜、北京の外交筋の発表によりわかった。重要会議などが大連で開かれているといった情報はない。中国の各マスコミは、この件について触れておらず沈黙を保っている。唯一確認された報道は、中新ネットによる、日本共同通信社電から転載された、20文字適度の会談中止のニュースだ。

 小泉首相の靖国神社参拝継続を示唆する発言が引き金との見方に、新華ネット24日付のニュースが裏付けとなった。「呉儀訪日期間中、日本側が身勝手な発言を繰り返す」というタイトルの記事に、日本側が靖国神社参拝に関して中日関係の改善化にマイナスな発言を遺憾に思うと外交部スポークスマン・孔泉氏が23日夜にコメントしたという。
注目記事
^