中国で偽造商品氾濫の原因

2006/03/18 12:35
 【大紀元日本3月18日】現在の中国市場には劣悪な偽造商品があふれている。世界各国の有名ブランド品はもちろん、一般の日常用品や食品にも偽造商品が少なくない。さらに酷いことは、医薬品のような人命に関わる商品の偽造品も数多くある。中共当局は、国内外の真面目な生産者や消費者の不満を収めるために、時たまに見せかけのように取締りを行なうが、ほとんど効果は得られていない。

 なぜ中国市場に劣悪な偽造商品が長期に氾濫するのか、アメリカ・ラジオ放送局(VOA)の報道により、中国大陸の視聴者から以下の意見が寄せられた。

 1、金銭至上主義、道徳の喪失、加えて市場管理の混乱下で、個人企業経営者は、金のために何でもやりかねない。

 2、地方官僚集団は自分たちの利益のために、地方保護主義の看板を掲げて劣悪な偽造商品に保護を与えている。

 3、社会体制の問題が、偽造商品の取り締まりができない根本の原因である。地方政府や党機構の管理者は偽造商品の生産メーカから賄賂をもらっており、だれも本気で取り締まらない。

 4.言論の自由がなく、世論の批判や監視がないことが、偽造商品氾濫の重要な原因である。

 5、司法制度の不公平の下で、高級官僚の保護が得られれば、どんな罪を犯しても、犯罪として処罰されることはない。

関連記事
注目記事
^