印刷版   

7月7日、プルデンシャル・エクイティー・グループ、米インテルの利益予想を引き下げ。写真はインテルのオッテリーニCEO。1月撮影(2006年 ロイター/Rick Wilking)

米インテルの利益予想を引き下げ=プルデンシャル

 プルデンシャル・エクイティー・グループは7日、コンピューター産業の環境が厳しくなっているとして、半導体大手インテルの利益予想を引き下げた。

 リサーチ・ノートの中で、一般会計原則(GAAP)に基づくインテルの第2・四半期1株当たり利益予想を0.11ドルから0.10ドルに、2006年通期予想を0.73ドルから0.70ドルに引き下げた。07年通期も0.94ドルから0.90ドルに下方修正した。

 「アンダーウエイト」の投資判断と、目標株価14ドルは据え置いた。

 [ロイター7月7日]

 (06/07/08 15:04)  





■関連文章
  • 米科学者の画期的発明、思惟でコンピューターを制御(06/06/26)
  • 香港大紀元オフィス、中共暴徒らが不法侵入、印刷機械を破壊(06/03/02)