印刷版   

世界一面積の小さい国・バチカン(FILIPPO MONTEFORTE/AFP/Getty Images)

【写真報道】世界で面積最小の5つの国

 【大紀元日本3月29日】世界で国土が最も広い国を5つ挙げろと言われたら、多くの人がいとも簡単に、ロシア、カナダ、中国、米国、ブラジルと口を揃えるだろうが、世界で面積が最小の国を5つ挙げることのできる人が、果たして何人いるであろうか?

 これらの国は実に面積が小さく、最も小さい国はサッカー場を6つ合わせたくらいの面積しかない。順に簡単に紹介しよう。

 第1位:バチカン市国(Vatican)
(ANDREAS SOLARO/AFP/Getty Images)
(Vatican-Pool/Getty Images)
(Franco Origlia/ Getty Images)


 面積:0・44平方キロメートル、人口:830人

 位置:イタリア・ローマの西北の高地

 バチカン市国は世界で最も面積の小さい国で、欧州の主権独立国家であると同時に、世界のカトリック教の中心であるローマ教皇庁の所在地でもある。テベレ川の右岸にあり、四方を取り囲む城壁をイタリアとの国境としている。国内にはサン・ピエトロ大聖堂、バチカン宮殿、バチカン美術館、図書館、郵便局、ラジオ放送局、駅、飛行場等の施設が完備している。公用語はイタリア語およびラテン語。住民は殆どがカトリック教徒である。

 第2位:モナコ公国(Monaco)
(Bruno Vincent/Getty Images)
( Grazia Neri/Getty Images)
(Sion Touhig/Copyright Laureus/Getty Images)


 面積:1・96平方キロメートル、人口:3万5657人(2005年)

 位置:地中海地区フランス南部

 モナコはフランスの南部に位置し、東西と北をフランスに囲まれ、南は地中海に面している。境界線は4・5キロメートル、海岸線は5・16キロメートルである。地形は細長く、東西の直線距離は約3キロメートルで、南北の距離でもっとも狭いところはわずか200メートルしかない。丘陵が多く、海抜は平均500メートルにも満たない。亜熱帯地中海型気候に属し、夏は乾燥し爽やかで、冬は湿気があって暖かい。年間平均気温は16℃で、年平均降水量は500~600ミリ。

 第3位:ナウル共和国(Nauru)
(TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images)
(TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images)
(TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images)


 面積:21平方キロメートル、人口:1万3005人(2005年)

 位置:西太平洋赤道の南

 ナウル共和国は、国全体の地形が楕円形の珊瑚礁島であり、海岸が険しく、海岸線は30キロメートル。沿岸には幅150~300メートル、海抜30メートルの海岸帯があり、全国で唯一の農業区である。中部は台地になっており、最高海抜が64メートル。全島の5分の3はリン酸塩に覆われ、河川がなく、南西部に唯一、塩水湖のブアダ湖がある。熱帯雨林気候に属し、年間平均気温25~35℃、年間降水量2000ミリ以上。

 ナウル人は、政府が建てた海浜低地の住宅に暮らす。気候が暑いため、人々のファッションは至ってシンプル。

 第4位:ツバル(Tuvalu)
(prpix.com.au via Getty Images)
(TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images)
(TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images)


 面積:26平方キロメートル、人口:1万1000人

 位置:南太平洋

 ツバルは9つの珊瑚礁島からなっており、南北両端の距離は560キロメートル。北西から南東へと延々と続いており、130万平方キロメートルの海域に分散しているが、陸面積はわずか26平方キロメートルである。地勢が低く土地も貧弱なため、飲み水の貯水地区もなく、農耕にも適していない。地球温暖化による海面上昇がツバルを脅かしている。年間平均気温は29℃で、熱帯海洋性気候に属す。ツバルはバチカン市国の次に人口の少ない国である。

 天然資源はなく、ツバルの主要な収入は外国からの援助である。主な産業は漁業と観光業だが、場所が遠いことから、訪れる旅行者は非常に少ないという。

 第5位:サンマリノ共和国
(ネット写真)
(V.PINTO/AFP/Getty Images)


 面積:61・2平方キロメートル、人口:2万8117人

 位置:イタリア北東部のアドリア海岸

 サンマリノはイタリアのエミリア=ロマーニャ州のリミニ県とマルケ州のベーザロ・エ・ウルビーノ県に挟まれており、丘陵が起伏し、山の多い内陸国家である。亜熱帯地中海型気候に属し、年間気温は16℃で、冬季の最低気温は-2℃、夏季の最高気温は30℃。年間降水量は880ミリ。

 サンマリノとイタリアには国境の検問所はない。山の麓に門のようなものがあり、そこに「古い共和国はあなたを歓迎する」と書かれた横物が掛けられている。これがサンマリノ国境のしるしである。

 (07/03/29 08:30)  





■関連文章
  • バチカン:中国の宗教の自由を前提に、北京へ関係正常化求める(07/01/28)
  • バチカン:中共との国交修復を試み、台湾との外交は継続(06/12/07)
  • バチカン、中共の再度主教任命に抗議、就任祝典中止を要求(06/11/30)
  • 陳水扁台湾総統外遊、専用機急遽航路変更=中共の圧力(06/09/05)
  • 香港カトリック教「アジア青年の日」、大陸信者の活動参加禁止=中共(06/07/31)
  • バチカン:「信者の解放、信仰の自由」を主張、北京当局と協議(06/06/22)
  • 中共政権とバチカン、司教任命巡り再度衝突(06/05/31)
  • 米国議会、決議案を通過、中共の宗教迫害などを譴責(06/05/27)
  • 中共政権、さらにカトリック主教任命、バチカンとの関係悪化(06/05/17)
  • ローマ教皇庁、中共の新主教任命強行で4人を破門(06/05/07)
  • バチカン:中共の新主教任命に抗議の声明(06/05/05)
  • ツバル国、海に飲み込まれる恐れ(06/03/25)
  • 陳日君枢機卿:無神論の共産党を信じないのは当然である(06/03/13)
  • ローマ法王庁枢機卿:バチカンと台湾、良好な関係を継続・発展(05/11/29)
  • カトリック教会:中国当局に法王承認の許可求める(05/10/26)