印刷版   

3月26日、イラン核問題めぐる緊張の高まりを背景にアジア市場で金現物が上昇。写真は昨年5月、南アフリカで撮影(2007年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

金現物が上昇、イラン核問題めぐる緊張の高まりで

 26日のアジア市場で金現物が上昇している。米ドルが上昇しているものの、イランが核開発を停止しないと表明したことを受けて原油価格が上昇、逃避買いの動きが再び活発化している。

 金スポット価格は、1オンス=658.60/659.60ドルと、23日のニューヨーク市場終盤に付けた657/658ドルから上昇。23日は米ドルの上昇を受けたほか、利益確定の売りが出て1%以上下落していた。

[シンガポール 26日 ロイター]

 (07/03/26 15:04)  





■関連文章
  • 国連安保理、対イラン追加制裁決議案を採択(07/03/25)
  • 6カ国協議は事実上休会、北朝鮮の金外務次官は帰国の途に(07/03/22)
  • 北朝鮮資金凍結解除、全体の流れが良い方向に進むこと期待=官房長官(07/03/19)
  • 主要6カ国、イランへの追加制裁決議案で正式合意(07/03/16)
  • 米財務省が米銀とBDAの取引を正式禁止、北朝鮮の凍結資産請求に道(07/03/15)
  • 北朝鮮による核施設閉鎖の兆候ない=韓国外相(07/03/14)
  • 北朝鮮、米国による資金凍結解除なければ「相応の措置」(07/03/12)
  • 米朝作業部会は「良い議論」、初期段階の措置履行を楽観=ヒル次官補(07/03/07)
  • 米国と北朝鮮の関係正常化に向けた作業部会が始まる(07/03/06)
  • 上海、134年ぶりの暖冬(07/03/03)
  • 10日にイラク安定化国際会議を開催=首相(07/03/01)
  • イラク情勢安定化めぐる会議、米英とイラン・シリアが参加へ(07/02/28)
  • イランへの武力行使観測を懸念─ロシア外相=通信社(07/02/27)
  • マカオの銀行の北朝鮮口座凍結問題、解決の用意ある=米財務次官補代理(07/02/27)
  • 米国防総省、イラン爆撃を計画する特別委員会を設置=米誌(07/02/26)