印刷版   

ロシア大統領、米国のミサイル防衛計画に警告

 ロシアのプーチン大統領は、米国がミサイル防衛システムの東欧配備計画を進めれば、ロシアは、ミサイルの照準を欧州に向けていた冷戦時代の姿勢に戻るとの考えを明らかにした。大統領は、3日遅くに公表されたインタビューで、ロシアの態度が欧州での軍拡競争の復活を招く恐れがあることは認識していると語った。

 さらに、軍備増強を始めたのは米国であり、ロシアはその結果には責任を持たないと述べた。

 ロシアは冷戦終結以降、特に欧州に向けたミサイル配備を行っていなかったが、米国がミサイル防衛配備計画を進めた場合には冷戦時代に戻る可能性があるかとの質問に対し、大統領は「当然ながら(冷戦時代に)戻るだろう」と答えた。

 また「米国の核戦力の一部が欧州に出現し、われわれにとって脅威となれば、それに対抗する措置を取らざるを得ない」とし、「その措置とは、欧州に新たな標的を持つということになるだろう」と語った。

 プーチン大統領の発言は、6日から始まる主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)を控え、主要各国のメディアに公表された。

[モスクワ 3日 ロイター]

 (07/06/04 10:17)  





■関連文章
  • 中国への天然ガス輸送パイプライン、建設協議中=露エネルギー相(07/06/01)
  • 米ロ首脳が7月にメーン州で会談=ホワイトハウス(07/05/31)
  • 北朝鮮、新たなミサイル発射計画の可能性=中央日報(07/05/28)
  • 北朝鮮、短距離ミサイルを日本海に試射(07/05/27)
  • 北朝鮮のミサイル発射は「定期訓練」=米政府(07/05/26)
  • プーチン・ロシア大統領は引退後も影響力を維持=下院議長(07/05/24)
  • ロシア:HIV感染者急増、10年後の労働人口に影響=専門家(07/05/23)
  • 英検察、リトビネンコ氏毒殺事件で旧ソ連情報機関職員を起訴へ(07/05/23)
  • ロシアの国際法連続違反、73歳の国連難民を中国強制送還(07/05/18)
  • ロシア、中央アジア諸国との資源外交で先手技(07/05/15)
  • プーチン大統領、中央アジアでの資源外交に出発(07/05/11)
  • 国際的非難の中、中露が対スーダン武器輸出(07/05/09)
  • 攻撃受ければ米とイスラエル攻撃=イラン内務次官(07/04/27)
  • 「ロシアの白熊」が国内政局に遺したもの(07/04/25)
  • ロシアのエリツィン前大統領が死去(07/04/24)