三千年に一度しか咲かない花が、世界各地で開花

2007年07月22日 20時02分
 【大紀元日本7月22日】三千年に一度しか咲かない「優曇華」(うどんげ、別名:優曇婆羅花)という伝説の花が、最近韓国、台湾、香港、中国大陸、オーストラリアなどで発見された。

 まず、1997年7月に韓国の京畿道広州郡のある寺院で、住職が如来坐像の胸部にこの花を見つけた。続いて、2005年5月に千年の歴史がある韓国慶州市の正覚寺でこの花が発見され、金海日禅師らが、佛教経典の記載を基に、この花が優曇華であることを確認した。

 佛教の経典『法華文句』には「優曇華は、霊瑞の意を示し、三千年に一度現れる。その花が現れたときには、金輪王(轉輪聖王)がこの世に現れる」と記載されている。さらに『慧琳音義』には、「優曇華は、サンスクリット語からの略訳で、全名は烏曇跋羅(優曇婆羅)で、瑞祥霊異の意味である。この花は、天上の花であり、人間世界には存在しない。もし、如来佛がこの世に下り、金輪王がこの世に現れれば、その偉大な福徳力によって、はじめてこの世にこの花が見られる」と記載されている。

 花は、直径数ミリ程度で、鐘型、淡白色、花径が金絲のように細い。花は夜中に咲き、翌朝に萎む。咲く時間はほんの一瞬である。開花時に花は薄い紫色になり、檀香の香りを放つ。

 予言研究者の話では、この花が咲いているのは、轉輪聖王が今、この世で法を伝え、法を正し、衆生を救い済度していることを意味しているという。
台湾の画家・陳国棟さんが記録した優曇華が開花する全過程(写真=戴慧瑜/大紀元)


ソウル西部の地方裁判所の屋上に設置された銅質のプレートに咲いた22個の5-8ミリの優曇華(写真=金国煥/大紀元)


花は夜中に咲き翌朝には萎む。開花時に花は薄い紫色になり、檀香のような香りを放つ。(写真=林至厚/大紀元)


オーストラリアの黎さん宅の玄関のレンガに咲いた優曇華(写真=大紀元)


関連キーワード
^