【草木染めの植物】葛(くず)

2007年09月11日 01時00分
 【大紀元日本9月11日】山野に自生するまめ科の多年草で、秋の七草の一つです。花は紫赤色の蝶形で茶花になり、茎はつる状で工芸品に利用され、また、繊維をとって布も織ります。根はくず粉として食用になり、薬用としては、解熱作用のある葛根湯という風邪薬でもよく知られています。

 緑葉は染色に利用され、黄色、裏葉色を染めます。
葛(撮影=大紀元、2007年9月)



(文・ハナビシソウ)


関連キーワード
^