印刷版   

イタリアの服飾ブランド、拒食症のモデルを起用

 ミラノ・ファッション・ウィークが開催されているイタリアで24日、拒食症の女性モデルを起用したヌード広告が新聞紙面や広告掲示板に掲載された。

 体重31キロのフランス人モデルを起用したのは服飾ブランド「Flash&Partners」。広告には「No Anorexia(拒食症)」と書かれており、イタリア人写真家オリビエーロ・トスカーニ氏が撮影した。

 同ブランドによると、トスカーニ氏は、拒食症の現実を人々に示すため裸の写真を用いたという。同氏は1992年、ベネトンの広告キャンペーンで死期の迫る男性エイズ患者を撮影するなど物議を醸している。

 やせすぎのモデルをめぐっては、スペインで昨年行われたマドリード・ファッション・ウイークでBMI(肥満度)が18を下回るのモデルの起用が禁止され、大きな注目を浴びた。BMIで標準とされる数値は18.5─25。

[ローマ 24日 ロイター]

 (07/09/27 13:15)  





■関連文章
  • 没後25年のG・ケリー妃、米ファッションに存在感(07/09/16)
  • 世界のベストドレッサー、中田英寿氏らがリスト入り(07/08/02)
  • 週間おもしろい写真(6/30~7/7)(07/07/21)
  • 中国、エイズ対策でコンドームのファッションショー(07/07/12)
  • 伊人デザイナー、ショーへのやせ過ぎモデル起用を正当化(07/07/10)
  • インド・ボンベイでファション・ショー(07/03/30)
  • N・キャンベル、社会奉仕活動の床掃除を開始(07/03/21)
  • ロンドンのレストラン、やせ過ぎモデルに無料の食事(07/02/14)
  • パリのファッション界、痩せ過ぎモデル問題にさらなる措置を取らず(07/01/24)
  • ミラノ市、痩せ過ぎモデルのショー出演を禁止(06/12/21)
  • 程暁農テキサス大学講演:中国の改革モデルについて分析(06/11/25)
  • ブラジル出身のスーパー・モデル、拒食症で死亡(06/11/19)
  • ナオミ・キャンベル逮捕、ロンドンで暴行容疑(06/10/26)
  • モデルの美しさ 基準を再論議(06/10/08)
  • 仏LVMHグループ、パリに美術館を建設へ(06/10/03)