アフリカの野生で暮らした仏人女の子、「マントヒヒとミルクを交換したの」

2007年10月06日 10時04分
 【大紀元日本10月6日】フランス人の女の子Tippiは、1990年にアフリカのナミビアで生まれ、野生動物を撮影する両親と一緒に数年間、アフリカの野生環境で生活した。

 Tippiは像とキスし、ダチョウと踊り、カメレオン、ウシガエル、ライオン、マントヒヒたちは遊び友だち。

 【Tippiの言葉より】

 「私が知っている女の子は皆家で育ったけど、私だけは例外。私はアフリカの原生林で生活し、野生動物は家族のようなもの」

 「私は大自然を知っているし、道を見分けることができる。どこに行っても、迷子になったことがない」

 「私の生まれつきの才能は動物と仲良くなれること。動物とお話し、目で彼らと交流できる」

 「私たち人類の中には凶悪な人がいる。訳もなく凶暴になり、快楽を得ようとしている。この人たちは悪い人だ。私からみれば、動物は皆良い人に属している。絶対に悪い人ではない」

 「4歳のときに、私はマントヒヒのシンディちゃんと知り合った。この子は私とほぼ同じ大きさで、私たちはあっちこっちの木に登ったり、互いにミルクを交換して飲んだりしたの」

 「象のアブは私のお兄ちゃん。ダチョウの背中はものすごく温かいの。豹はとても危険だけど、私は依然この子と遊ぶの」

 下の写真はTippiと動物たちの触れ合いの記録。

 









Tippiは現在、パリ在住。
Tippiに関する書籍・写真集(邦訳)は次のとおり。
『ティッピ―アフリカに育まれた少女』(日本ヴォ-グ社、1997年)
『野生のティッピ―動物と話す少女』(小学館、1997年)
『ティッピ 野生のことば』(小学館、2001年) 

(翻訳/編集・叶子)

関連キーワード
^