欧州医薬品庁、ワクチンに発生した副作用を調査
ファクト・マター
ファクト・マター
ローマン・バルマコフ

11月11日、欧州医薬品庁(EMA)は、モデルナのmRNAワクチンを摂取した人に発生した「まれで重篤な血液疾患」の報告を調査していることを確認しました。具体的には、EMAの公式サイトに掲載されたこの広報によると、現在、この非常に稀な疾患6例を調査中とのことです。公報の内容は以下の通りです。

“スパイクバックス(モデルナのmRNAワクチン)を接種した人の毛細血管漏出症候群の報告を評価するために、安全性シグナルのレビューを開始した”

関連動画