印刷版   

世界35カ国で一斉に消灯、温暖化防止キャンペーン

 【大紀元日本4月3日】地球温暖化防止キャンペーンの一環として、世界各国で1時間、可能な限り電気を消すという運動が先月29日に行われた。35カ国、380以上の街や都市がキャンペーンへの参加を表明し、シドニーのオペラハウスやサンフランシスコのゴールデン・ゲート・ブリッジなど有名な観光名所でも照明が消された。ロイターが伝えた。

 「アース・アワー(Earth Hour)」と称する消灯キャンペーンは去年、オーストラリアのシドニーで初めて行われ、温室効果ガスを10%削減する効果があったという。今回、オーストラリアではオペラハウスやハーバー・ブリッジの照明が落とされ、オージーはキャンドル・ライトの明かりでビーチパーティーを楽しんだ。

 バンコクのビジネス街でもショッピング・モールや広告掲示板の照明が落とされ、レストランではキャンドルの明かりで食事を楽しむ人々が見られた。

 その他、アメリカ、フィジー、ニュージーランド、コペンハーゲン、カナダなどでも一部の街やタワーなどの照明が消え、トロントでは多くのレストランがキャンドル・ライトによる食事サービスを提供した。

 今回のイベントを主催した自然保護団体WWFは、1時間の消灯が温暖化防止に与える影響は少ないものの、たくさんの人々が参加しているということが、温暖化危機にどれだけ人々が関心を寄せているかを見せる結果となったと話している。同団体は、同じようなイベントを来年3月に向けて計画しているという。

 (08/04/03 10:09)  





■関連文章
  • 東京・秋葉原で「世界100万人署名」集会、中国の人権迫害停止呼びかけ(08/03/23)
  • 米ニューヨーク州司法当局 死体闇市場を徹底捜査へ (08/02/25)
  • 地球温暖化、NZのワイン業界にとっては追い風に(08/02/15)
  • 世界経済の厳しさと市場混乱の長期化を意識させたG7、具体策は出ず(08/02/10)
  • 「文化」を復興させるということ――「神韻芸術祭」の世界史的意義(08/02/08)
  • 【神韻芸術】この公演を超えられるものはあるとは考えられない=米国芸術評論家(08/02/05)
  • 【神韻芸術】ヒルトンホテル副社長:任鳳舞は世界最高のリード・ダンサー(08/02/05)
  • 米ヤフー、2001年に買収防止策の「ポイズンピル」を導入(08/02/05)
  • イスラエルの首都エルサレム、世界遺産にも降雪(08/02/01)
  • 修道女:神の啓示によりこの公演を見に来た(08/01/21)
  • 2008年春季の北京:黄砂日数、昨年より増加の予測(08/01/06)
  • 【コメディー】環境問題(08/01/05)
  • 香港:中国の法輪功への迫害停止求める「世界100万人署名」イベント始動(08/01/05)
  • 2030年までに中国の水資源消尽=国務院発表(07/12/22)
  • 中国トラック事情:過積載による排気ガス汚染、米国の130倍(07/12/19)